oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

Glee Season 4の曲がiTunesに続々登場:独断と偏見で選ぶシーズン4のTop10 songs パート2

本日、iTunesのシングル曲リストを見ていたらGleeのSeason4の曲が沢山出ていました。最後の方に放送された曲はまだ出ていないようですが、「おおっ」と思って大人クリック(大量ダウンロード)したので、これを機に独断と偏見で選ぶシーズン4 Top 10 パート2をまとめてみました。

※前回の記事:ついにGlee Season 4が終了:独断と偏見で選ぶシーズン4のTop10 songs!! + One more thing... - oasismathの日記

今回も順番はおそらく放送されたであろう順に並べており、好みの順とは関係ありません。それではスタート!!

 

1. Whistle

Glee - Whistle (Full Performance) - YouTube

Flo Ridaの曲です。オリジナルの人は怖そうですが、ウォーブラーズが歌うとかっこ良いです。

 

2. The First Noel


GLEE - The First Noel with lyrics - YouTube

クリスマスの定番ソングをマーリーがしっとり歌ってます。

 

3. Come See About Me 


Full Performance of Come See About Me from ...

Season 1のSay a Little Prayerを彷彿させる、クイン・サンタナ・ブリトニーの3人の息がぴったりあった良い曲ですね。この動画みると、子ども2人とサイの3人で踊り出します。

 

4. Girl On Fire


Glee-Girl On Fire (Full Performance) - YouTube

Season 4で出番が中々無かったサンタナが、気持ち良く伸びのある声を披露してくれてます。オリジナルはAlicia Keys (feat. Nicki Minaj)です。

 

5. Tell Him


Glee- Tell Him (Performance) - YouTube

こちらもかなり古い曲です。オリジナルはエキサイダーズ?子ども達がマーリーとブリトニーのダンスをとても気に入って、この曲が流れるとズボンを脱ぎ捨てスカートに履き替えます。

 

6. No Scrubs


Glee-No Scrubs (Full Performance) - YouTube

TLCのCDは買ったことが無かったのですが、大学時代にHMVでこの曲を試聴していたような気がします。(気のせいかな?)こうやって男性陣が歌ってもかっこいいですね。

 

7. Let Me Love You (Until you learn to love yourself)


[Vietsub+Kara+Lyric] Let Me Love You (Until You Learn To Love Yourself) - Glee - YouTube

Ne-Yoのダンス調の曲をバラードにアレンジしてジェイクが歌い上げます。毎回思いますが、Gleeで曲をアレンジしている人の才能がすご過ぎます。

 

8. Mamma Mia


Glee-Mamma Mia (Full Performance) - YouTube

アバの名曲、マンマ・ミーアをみんなで歌ってます。名曲はいつ聞いても色褪せないですね〜。要所要所で入ってくるユニークの声がとても好きです。

 

9. You Have More Friends Than You Know


Glee You Have More Friends Than You Know LYRICS - YouTube

この曲は新しいので、まだiTunesglee castバージョンは出ていません。Jeff Marxという人の曲のようです。オリジナル共々とても聴かせる良い曲です。

※この曲は GLEEのために作られた曲のようです。(2013/6/28追加修正)

 

10. All or Nothing


Glee 4x22 - All or Nothing (canzone originale) - YouTube

最後にGleeオリジナル曲です。こちらもiTunesではまだ購入できません。本編まだ見ていないのでわかりませんが、これは州大会(?)の切り札曲でしょうか。この曲意外と好きです。オリジナル曲の中では、「My Cup」の次に好きかもしれません(笑)。

 

以上、前回のTop10(+1)第1弾に次ぐ今回のTop10パート2(と言うことは合わせるとTop 21)でした。