読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やGleeの話題、週末の日記、趣味の料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

GLEEでカバーされたアーティスト特集パート⑦:『Zedd』

GLEE

本日紹介するアーティストは、昨年10月に1stアルバムを出した『Zedd』です。

GLEEでカバーされた曲は1曲のみで、本来なら先に紹介すべきアーティストが沢山いると思いますが、どうしてもこの天才を紹介したくて早めに持ってきました。

Zeddはロシア生まれのドイツDJで、本名はАнтон Заславский、まだ24歳です。

Zedd - Wikipedia

彼のキャリアは華々しく、レディ・ガガの「Born This Way」と「Marry The Night」のRimixを手がけ、ジャスティン・ビーバーにはプロデューサーとして「Beauty And A Beat ft. Nicki Minaj」の大ヒット曲を提供しました。その他、数多くのアーティストとコラボし、一躍世界のトップランクに踊り出ました。(特にレディ・ガガはZeddがお気に入りのようで、ツアーに同行させたり、曲作りにも関わっているそう。)

 

そんな彼の曲の中でgleeでカバーされた曲がアルバムと同名の曲『Clarity』:


Zedd - Clarity (Official Video) ft. Foxes - YouTube

 

gleeではシーズン4の最後、地区大会のライバル校の歌として「ジェシカ・サンチェス」が歌いました。

※ちなみにジェシカ・サンチェスはアメリカン・アイドル シーズン11の準優勝者です。

(なんかアメリカの音楽業界を調べれば調べるほど、それぞれの要素が複雑に絡み合っていますね)

 

gleeでカバーされた曲はこれで終わりですが、日本でも大ヒット(?)した曲がこちらの『Spectrum』です(これはAcoustic Version):


Matthew Koma, Zedd - Spectrum (Acoustic ...

 

Acoustic Versionでない場合、ClarityとSpectrumはどこか似ていて、ワンパターンか?などと思いましたが、これを聞いて驚きました。Zeddはエレクトロニック・ダンス・ミュージック(EDM)として評価されているのかと思っていたら、そんなこと全く関係なく本当にいい曲でした。

 

そして、最新の曲がこちら:


Zedd - Stay The Night ft. Hayley Williams - YouTube

 

天才の勢いは暫く止まりそうにないですね。今後大注目です(ってもうみんな知ってるって??)