読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

1週間の株式相場振り返り(10月7日〜10月11日):おいおい、米国議会!!パート2

1週間たっても問題が解決しません。

債務上限引上げの期限は来週の10月17日(木)です。報道内容から少しづづ進展がありそうにも思えますが、個の利益を優先させ、全体の最適解を軽視するという愚かな行為を人間はしてしまうんですね。

 

米大統領と共和党が協議、債務上限引き上げ期間などで相違 | Reuters

 

今回の議会の行動に対して、膠着の原因となっている共和党の支持率が強烈に悪化しています:

1992-2013年の民主党と共和党の支持率(GALLUP調査):

f:id:oasismath:20131013103000p:plain¥ 

1992-2013年の民主党と共和党の不支持率(GALLUP調査):

f:id:oasismath:20131013103100p:plain

Source: Republican Party Favorability Sinks to Record Low

 

オバマケアに反対し、今回の議会でゴネている共和党の支持率と不支持率が、1992年の調査以来、過去最悪となっています。

さすがにこの急激な支持率の変化に対して、共和党は焦りはじめ歩み寄りを見せております。ただし、まだ最終的な合意には至っておらず、楽観視はできません。

 

このような背景のもと、株式市場は少し楽観的な状況になると判断しています。ダウは先週から1%上昇、円安も進行したため日経は2.7%も上昇しました。

リスクを表現する指数であるVIXも先週からやや低下してきています。

 

 

  9月13日 9月20日 9月27日 10月4日 10月11日 1週間変化率
DJIA 15,376.06 15,451.09 15,258.24 15,072.58 15,237.11 1.09%
日経 14,404.67 14,742.42 14,760.07 14,024.31 14,404.74 2.71%
WTI 107.31 104.81 102.81 103.70 101.74 -1.89%
1,318.00 1,343.00 1,338.20 1,311.20 1,270.80 -3.08%
$/¥ 99.39 99.36 98.27 97.47 98.59 1.15%
€/¥ 132.11 134.36 132.88 132.14 133.55 1.06%
€/$ 1.33 1.35 1.35 1.36 1.35 -0.09%
米金利 2.90 2.73 2.62 2.65 2.68 0.03%
VIX 14.16 13.12 15.46 16.74 15.72 -1.02%

 

今週の為替の動きは、新興国へのリスクテイクが進んでいます。単純なドル高というより、市場が正常化に向かう過程でリスクテイクをしたことによる動きになっています。

 

 

1$=XX(Currency) 9月27日 10月4日 10月11日 9/27→10/4 10/4→10/11 累積
Brazilian Real (BRL) 2.2548 2.2101 2.1808 2.0% 1.3% 3.4%
南ア Rand (ZAR) 10.0300 10.0033 9.8915 0.3% 1.1% 1.4%
Indian Rupee (INR) 62.503 61.379 60.979 1.8% 0.7% 2.5%
Turkish Lira (TRY) 2.0303 1.9873 1.9778 2.2% 0.5% 2.7%
Australia (AUD) 1.0732 1.0595 1.0564 1.3% 0.3% 1.6%
New Zealand (NZD) 1.2076 1.2023 1.2014 0.4% 0.1% 0.5%
韓国 Won (KRW) 1074.7 1071.6 1071.3 0.3% 0.0% 0.3%
香港 (HKD) 7.7544 7.7537 7.7535 0.0% 0.0% 0.0%
Singapore (SGD) 1.2560 1.2458 1.2459 0.8% 0.0% 0.8%
中国 Yuan (CNY) 6.1190 6.1196 6.1202 0.0% 0.0% 0.0%
Thai Baht (THB) 31.328 31.272 31.285 0.2% 0.0% 0.1%
Euro (EUR) 0.7395 0.7375 0.7382 0.3% -0.1% 0.2%
British Pound (GBP) 0.6192 0.6244 0.6268 -0.8% -0.4% -1.2%
ロシア Rouble (RUB) 32.333 32.185 32.336 0.5% -0.5% 0.0%
Swiss Franc (CHF) 0.9059 0.9071 0.9122 -0.1% -0.6% -0.7%
日本円 (JPY) 98.265 97.455 98.580 0.8% -1.1% -0.3%

(出典) Yahoo! Finance Currency Centerより作成

 

最後に主要な経済指標です。

議会の機能不全によって消費者信頼感指数は悪化、新規失業保険申請件数も今週は急激に悪化しました。

中国関連、自動車販売台数は前年比で大幅増となっていますが、これは昨年の尖閣諸島国有化による自動車販売激減への反動が大きいかと思います。

貿易統計は悪化、やはり中国経済とiPhoneは少なからず関係があるのでしょうか?

米アップル、iPhone 5c販売不振で生産量を半減へ - ガジェット速報

 

◆主要な経済指標の発表

  • 10月米ミシガン大消費者信頼感指数 75.2 (9月 77.5)
  • 今週の米新規失業保険申請 374,000件 (先週 308,000件)
  • 9月 中国自動車販売(前年比) 19.7%  (8月 10.3%)
  • 9月 中国サービス部門PMI(HSBC) 52.4  (8月 52.8)
  • 9月 中国貿易統計 輸出 -0.3%, 輸入 +7.4%  (8月 輸出 +7.2% 輸入 +7.0%)

(出典) ロイターニュースより作成