読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やGleeの話題、週末の日記、趣味の料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor in Okinawa, STAGE5, 2nd Round, UNDER18, OVER19部門の勝者決定!!

X FACTOR IN OKINAWA

やってきました土曜日はX Factor沖縄の日です。

そして私はインフルエンザ真っ只中に突入しました。(寝ながらブログ更新していますので、後日ちゃんと修正します。ようやく家の中を歩き回れるようになりましたので動画追加しました。)
 
さて、今回はUnder18部門とOver19部門のパフォーマンスと結果発表が行われました。
 
まずUnder18部門ですが、今回は負けたら終わりということで大変力の入った、そして自分らしさを表現できる曲が選ばれていました。
山田なづさん、甘露時絢子さん、どちらもSTAGE2の時を思い出させるような雰囲気を醸し出して個人的にはベストパフォーマンスだったように思います。
 
しかし残酷な結果発表、まさにKazさんが適切に表現した通り、「甘露時絢子さんは明日のX Factor、山田なづさんは明後日のX Factor」ということで甘露時絢子さんが次のステージに進むことが決まりました。
やっぱり現時点での表現力に差が出たのではないかと思います。
歌う時に感情を表現すること、歌詞を理解しその歌から自分なりに伝えたい事を演じること。やはりこのステージまで来ると総合力で評価しないといけないですからね。
誠に厳しい結果発表でしたが、勝ち残った甘露時さんは優勝目指して頑張って欲しいです。
 
そしてOver19のパフォーマンスと結果発表、仲宗根さんが涙を流して下した結論は宜保和也さんの勝ち抜け、粒マスタードさんの落選でした。
全然ジャンルの違う2人でしたので判断が難しかったと思いますが、今回心意気がヒシヒシと伝わってきた宜保さんが選ばれました。
 
しかし今後の展開を考えると、沖縄一本でこれ以上勝ち抜くのは難しいのではないかと思います。いい歌なんですがどうしてもポピュラリティが伴わない。

やはり世界を本気で目指すならもっとアレンジが必要で、もっといえはラップとかダンス、エレクトロニクスのようなものと混ざったサプライズが欲しいです。たとえばZeddのClarityを三線で弾くとか、まあやり過ぎかもしれませんが伝統を越えて新しいものを取り入れないと今後の発展は難しいのではないかなと思います。

その辺りはプロデュース力なので本人だけの問題ではないのかもしれませんが、ずっと三線の音しかないことに今回は違和感を覚えました。

 

インフルエンザで熱があり、熱くなっているので不適切なコメントがあるかもしれませんが、今回の動画を見て感じた事は以上です。

後日ちゃんと動画貼ります。(動画追加しました。)

おやすみなさい。