読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やGleeの話題、週末の日記、趣味の料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

最近流行りの糖質制限ダイエットって本当に有効なの?ーoasismathの新たなチャレンジー

糖質制限ダイエット ワイン

最近、お腹まわりの脂肪が気になるお年頃のoasismathです。

 

さて、本日Twitterを見ていたら、健康診断の肥満警告をキッカケに、糖質制限ダイエットで1年間で12.6kg痩せたという人の話がありました。

 

つらつらと見てみたところ、私と年齢が近く、また身長は同じくらい、スタート時点の体重は私より幾分多めでしたが、目指すところのラインは近かったのでちょっと興味を持って読んでみました。

中身を見てみると、炭水化物や糖質以外はほぼ制限なしと意外と簡単そうなので、ちょっとやってみようかなという気分になりました。

ただ、体重減の速度が速いのが気になりました。最初の1ヶ月で食事を十分に取っているのに-5.5kg痩せたというのは、嬉しい半面、明らかに重要な栄養素が不足しているという気がしてなりません。

ということで、改めてポジティブ情報とネガティブ情報を集めてみるとこんなところがありました:

 

ポジティブ:糖質制限ダイエットの効果が高い理由と実践方法 - NAVER まとめ

ネガティブ:炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)の誤った方法と危険性 | ダイエット&健康の最新情報

 

まず糖質を減らすべきという内容については、現代の食事環境は明らかに糖質過剰の状態であり、それが脂肪蓄積の最大の要因であるということ。なのでそれを減らせば、体内に蓄積された脂肪がエネルギーに変換されるが、脂肪の変換効率が糖質よりも低いのでより早く消費され、体重が減るというロジック。

これについてはそのとおりだと思います。

 

一方で、厳格な糖質制限は副作用をもたらす可能性もあり、エネルギーを最も消費している脳の働きが悪くなり、頭がぼーっとしたり集中力が低下するという意見がありました。これも納得がいくロジックです。職業柄、脳の活動が低下してしまうと仕事になりませんので、これは注意しなければなりません。

 

ということで、私の個人的な方法としては緩やかな糖質制限をしてみようかなと思っています。

  • 御飯の食べる量を半分くらいにしてそれを別なものに置き換える(大豆系?)
  • お菓子系の食べ物(パン、せんべい、甘いもの)を何かに置き換える(スルメ???糖質の少ない甘味があればいいんだけど。。。)
  • お酒はビールを飲まない(ワイン派なので問題無し!)

そういえば、学生時代になりますが、チョット体重が増えてきたなと思った時はよく豆腐を食べていました。これを1週間ほど続けると体重が1〜2kg前後落ちたのですが、これって糖質ダイエットの先駆けだったのかもしれないですね。

 

さて、目標をあいまいに決めたところで本日の晩酌:

f:id:oasismath:20140603231858j:plain

最近茹でた枝豆(163円)がこんなパックに入ってコンビニで売ってるんですね。便利な世の中になったものです。ちなみに大豆類は糖質が少ないそうです。

しかしこんな晩酌なんかしてて本当に痩せるんですかね??半信半疑です。

 

一応明日から始めてみようと思いますが、意志の弱さは天下一品なので、その後この話題に触れないようだったら挫折したということでそっとしておいて下さい。

 

それじゃあ、ゆる〜くがんばるぞ〜!!