oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

宮古島旅行記〜総集編・ベストショット!?〜

前回までの宮古島旅行記では、ほぼ当日にブログをアップしていたので、全体を振り返って見たりすることができず、時系列的に更新していました。また、写真も私のiPhoneからの投稿となっていて、必ずしもベストショットではありませんでしたので、今回は総集編ということで、もう一度振り返ってみたいと思います。

 

第1日目

 

初日は朝5時に家を出て、羽田6時25分発の飛行機に搭乗しました。那覇空港で乗り換えて宮古島に到着したのが11時頃、宿泊するコンドミニアムが15時から入れるとのことで、その前に与那覇前浜ビーチに向かいました。

 

まずはチオコちゃん、今年初めてチオコのためにシュノーケルを買いました。練習の風呂場では上手に出来ていたので、本番の海も大丈夫かなと思いましたが、掻き毟った傷がしみることと、海が広く深くて怖いという2つの理由で、結局この旅で使われずに終了となりました。う〜ん、残念!

f:id:oasismath:20140714142830j:plain

 

お次はアチコちゃん、相変わらず海が好きなようです。終始潜っています。この旅で他の誰よりも海の中で何か(貝殻)を探しまわっていました。

f:id:oasismath:20140714155705j:plain

ちなみに、このライフジャケット、2日目にサイが強引に着たときベルトの繋ぎ目を壊しました。この状況を見てチオコが「大人が着たら壊れるんじゃないかと思ったんだ。」と後からサイに呟いたそうです。こういうところが冷静なチオコちゃん。

 

第2日目

 

2日目は熱帯魚が良く見える新城(アラグスク)海岸、我が家の最もお気に入りの海岸となりました。

 

初日のハードな1日を終え、疲労困憊で床に就いた子供たち。朝起きてみるとだいたい二人は、こんな感じで寝ています。

f:id:oasismath:20140715060739j:plain

この後、似たような写真がもう一度出てきます。

 

そしてデジタル一眼レフで撮った新城海岸の景色、本当に沖縄離島の海はお美しいです。

f:id:oasismath:20140715102850j:plain

 

第3日目

 

吉野海岸に向かうも、波が高すぎて子供たちが楽しむのは不可能ということで、再び新城海岸へ。

 

今回、子供たちの沖縄の思い出No.1に輝いたのがヤボカリキャッソー(ヤドカリキャッスル)、結局ヤドカリは30匹集めました。

f:id:oasismath:20140716134019j:plain

 

そして今回の旅行を象徴するような2ショット、アウトドアなアチコとインドアなチオコ、終始こんな感じです。

f:id:oasismath:20140716150151j:plain

 

第4日目

 

3日目にラッシュガード無しでヤボカリキャッソーを築城した結果、リュックが背負えない体になった私、 もはや観光しかできなくなりました。(サービスで宮古島温泉のチケットをもらったのですが入れる状況にありませんでした。)

 

蜘蛛のアーチ?をくぐり、砂山の頂上から見えるビーチ(砂山ビーチ)は絶景です。

f:id:oasismath:20140717105835j:plain

 

そうそう、チオコは沖縄(宮古島)で怖いものが3つあるそうです、「蜘蛛」、「波」、「パーントゥ(ナマハゲみたいな泥のお化け)」。そして沖縄で一番良かったのは、コンドミニアムのお家だったそうです。沖縄関係ないじゃん!!ていうか、むしろ沖縄じゃないほうがいいじゃん!!

 

宮古島を17時35分に出発、那覇→羽田の便は20:00発でしたので、子供たちはすぐに寝てしまいました。着陸間近になり、シートベルトサインが出て無理無理起こしましたが、とても眠そうで可愛そうでした。

f:id:oasismath:20140717212853j:plain

 

こうして宮古島の旅は無事終了、今回ビーチを変えつつシュノーケリングを楽しみましたが、何となく達成した気分になりました。

シュノーケリングクラスだと、大体楽しめるのはこの辺りが限界で、さらに楽しむならツアーでのシュノーケリングとか、あとはダイビングになるのでしょうか?

 

無人島近くの綺麗なサンゴ礁でのダイビングとかすればまたモチベーションが変わってくるんでしょうが、それはある程度子供が大きくなって興味があればの話ですね。

 

なので次回の旅は少し趣を変えていこうかと思っています。

さて、これから我が家(主に私)の琴線に触れるのはどんなものになるでしょうか?

(お寺とか好きじゃないし、登山とか苦しい系もね〜。)

 

考えている時が一番楽しいって言いますし、色々と悩んで見たいと思います。

それでは、宮古島旅行記はこれで本当に最後になります。

 

お付き合い頂きありがとうございました、おやすみなさい。