oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor UK, 2014, Judges' Housesが始まってます!!

イギリスの皆様は、南の国というとメキシコとかバミューダとかに行くんですね!

 

X Factor UKのJudges' Housesが始まりました。

前回の椅子取りゲームで、4つのグループ(Boys, Girls, Over 25, Group)がそれぞれ6組ずつ絞りこまれましたが、ここでまた半分にさせられてしまいます。ここまで来ると非常にシビアな戦いになってしまいますが、これをクリアすればある意味目標達成レベルじゃないでしょうか?(これ以上はジャッジの皆様の好みの問題のような気もしますし。)

 

金曜日からGroupを筆頭に、Boysの半分が放送されました。Groupには正直興味がないのですが、ソロの人達を8人集めてNew Group(まだ名前なし)を作るなど、企画側は話題作りをしています。


New Boyband sing Justin Timberlake's Mirrors | Judges' Houses | The X Factor UK 2014 - YouTube

 

そして彼等はJudges’ Housesを通過したようです。

 

その後、Boysのパフォーマンスが公開されました。前回のパフォーマンスで一躍優勝候補に踊りでたAndrea Faustini君 (20)、巷ではパグ犬に似ているとの高評価です!


Andrea's Judges House Preview - The X Factor UK 2014 - YouTube

 

相変わらずの素晴らしいパフォーマンス、迷いが無いですね!

 

一方、ここに来て迷ってしまっている私イチオシのJack Walton君(18)、ちょっと若さが出てしまいましたかね、18歳の男の子に戻ってしまいました。そりゃあ元スパイス・ガールズのMel BとEmma Buntonの前で歌えと言われたらSo Nervousにもなりますよね。そして選曲もどうしてBeyonceにしてしまったのかな、彼はもっと攻める曲の方がカッコイイのに。是非とも通過して欲しいものです。


Jack Walton sings Beyonce's Halo | Judges' Houses | The X Factor UK 2014 - YouTube

 

そして対抗馬のPaul Akister君、上手いんだけどやっぱり花がないんだよね〜。ただX Factorってこういう人好きだし、どうなるんだろうな〜?


Paul Akister Judges' Houses Preview | The X Factor UK 2014 - YouTube

 

さて、土曜か日曜にこの続きが放送されると思うので、誰が残るのかとても楽しみです!!