読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor UK 2014, Live Semi-Finalの動画が公開されました!!

ついにX Factor UKもセミファイナルまでやってきました。

残るメンバーは、Ben Haenow, Fleur East, Andrea Faustini, Lauren Plattの4人です。そして今回のテーマはクリスマスとアンプラグドということらしいです。

 

それでは行ってみましょう。

 

まずはFleurから2曲、Mariah Careyの"All Want For Christmas"とMark Ronson ft. Bruno Marsの"Uptown Funk"です。

最初のマライアキャリーを聴いてあまりにも普通だったので、今回のFleurはヤバイかと思いましたが、後半のBruno Marsのパフォーマンスを見て思いを改めました。やはりFleurは、かつて90年代にヒットしたR&B(?)で勝負するのではなく、ラップやヒップホップ、そして今回の曲のようなもの(ファンク?)でカッコよく歌うのが似合っていますね。

Fleurの歌った曲の中で、私がよかったと思う曲は、ジャッジズハウスの時に歌った"Bang Bang"、ハロウィンの時に歌った"スリラー"、そして今回の"Uptown Funk"であり、なんとなく系統としては似ていると思いました。

今後はもうマライアとかホイットニーとかアリシアキースとかそっち系は無視して、ラップ、ヒップホップ、ファンク系で突っ走って行って欲しいです。


Fleur East sings Mariah Carey’s All I Want For Christmas | Live Semi-Final | The X Factor UK 2014 - YouTube


Fleur East sings Bruno Mars & Mark Ronson’s Uptown Funk | Live Semi-Final | The X Factor UK 2014 - YouTube

 

一方、Fleurとは真逆のポジションにいるのが、Andrea Faustini。"O Holy Night"とMiley Cyrusの"Wrecking Ball"を歌いました。

これだけ似た系統を何度も歌うとX Factorではいい加減飽きられるかもしれませんが、それでも彼にはこの方向を貫いて欲しいです。

今の時代、この方向性が受け入れられるか微妙なところがありますが、似たようなタイプを探してみるとSam Smithの"Stay With Me"がヒットしたり、EDMと組んでヒットしたUsher (David Guetta - Without You ft. Usher )がいたりと、彼の個性を発揮する方向性はいろいろあるんじゃないでしょうか?

時代をうまく取り込んで、彼の強烈なパッションを活かしてもらいたいと思っています。

 


Andrea Faustini sings Mariah Carey’s O Holy Night | Live Semi-Final | The X Factor UK 2014 - YouTube


Andrea Faustini sings Miley Cyrus’ Wrecking Ball | Live Semi-Final | The X Factor UK 2014 - YouTube

 

そしてBen Haenow、Eaglesの"Please Come Home For Christmas"とLeonard Cohen (Jeff Cutt version) の"Hallelujah"を歌いました。

私には彼が今どの方向性で生きていこうとしているかセミファイナルの段階でも見えてきません。Benといえば「・・・」が無いと今後生き残ることは難しいんじゃないでしょうか?ロックならロックと宣言して歌いまくる、あるいは別のジャンルならそれを貫いて欲しいです。

Rolling StonesとかEaglesとかAerosmithとか、彼のジャンルと時代が少しずれているんですかね。しかしアリーナオーディオでの彼のパフォーマンス(Ben Haenow sings Rolling Stone's Wild Horses | Arena Auditions Wk 2 )は素晴らしかった。もう一度原点に立ち戻って、自分のやりたいことを見せて欲しいです。

 


Ben Haenow sings The Eagles’ Please Come Home For Christmas |Live Semi-Final| The X Factor UK 2014 - YouTube


Ben Haenow sings Leonard Cohen’s (Jeff Cutt version) Hallelujah | Live Semi-Final | X Factor UK 2014 - YouTube

 

最後はLauren Platt、ここに来て上位3人との差が見えてきてしまいました。East 17とGirls Aloudの"Stay Another Day"、そしてOne Directionの"Story Of My Life"を歌いましたが、どちらも低音をうまく歌いきれず、声がよく聞こえないところが目立ってしまいました。

グループの曲は色んな音域の人が集まって1つの曲を作り上げるので低音と高音の差が激しく、特にStory Of My Lifeは女の人が1人で歌うと低音が結構厳しいです。

この場合、他の人だとアレンジでカッコよくしつつ逃げることをするんですが、今回Laurenちゃんはまともに行ってしまいました。なんか周りの人はアドバイスなり、サポートなりしてあげてないんですかね〜。ちょっと今回は可愛そうな選曲でしたが、セミファイナルでこのパフォーマンスは致命的になる気がします。

前回Sing-Offしたばかりだし、今回は相当厳しいかもしれません。

 


Lauren Platt sings East 17’s/Girls Aloud’s Stay Another Day | Live-Semi Final | The X Factor UK 2014 - YouTube


Lauren Platt sings One Direction’s Story Of My Life | Live Semi-Final | The X Factor UK 2014 - YouTube

 

以上、今回は今後の方向性も含めて書いてみました。

さて、明日のジャッジはどうなりますでしょうか?