oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

GLEE Season 6、第3話のタイトルは"Jagged Little Tapestry"!!

昨日、Gleeシーズン6、第3話"Jagged Little Tapestry"のパフォーマンスが公開されました。今回のタイトル、実は2つの有名なアルバムのタイトルに因んで付いています。

1つめはアラニス・モリセットが1995年に出して世界的に大ヒットとなった"Jagged Little Pill"、もうひとつは誰もが知るキャロル・キングの"Tapestry"です。

 

Jagged Little Pill

Jagged Little Pill

 

 

 

Tapestry

Tapestry

 

 

大学時代に聴いたこの2つのアルバムがこうして20年近い時を経てGleeで再現されるなんて、なんとも懐かしい気分になります。

そして今回のグリーでは、この2つのアルバムの曲を交互に入り混ぜ、時に重ねあわせて1つの曲を仕上げるという驚異的なことをやっています。グリーで音楽をアレンジしている中の人には脱帽です!!

 

それではまず1曲目、キャロル・キングの"It's Too Late"をカートとブレインが歌います。公式の動画にはまだ出ていませんね〜(→参考:Glee - It's Too Late - YouTube

 

2曲目は、アラニス・モリセットの"Hand in My Pocket"とキャロル・キングの"Feel The Earth Move"をくっつけてブリトニーとサンタナが歌っています。


GLEE | "Hand in My Pocket/I Feel The Earth Move (Full Performance) - YouTube

この2つの曲が一緒になるなんて想像すらできませんでした。素晴らしいです。

 

3曲目はアラニス・モリセットの"Head Over Feet"とキャロル・キングの"Will You Love Me Tomorrow"を新キャラのJaneとMasonが歌います。


GLEE | Full Performance of "Head Over Feet"/"Will You Love Me Tomorrow" - YouTube

美しいですね〜。ところで、1曲目にカートとブレインが歌った歌のタイトルも"It's Too Late"でしたし、今回の動画をみると2人の間にまた何かあったみたいですね。

 

4曲目は私の好きな曲、アラニス・モリセットと"You Learn"とキャロル・キングの"You've Got A Friend"のコラボです。


GLEE | Full Performance of "You Learn"/"You've Got A Friend" from "Jagged Little Tapestry" - YouTube

このアレンジには本当に感動しました。こうやってまた新しい音楽を創りだすことができるんですね。特にレイチェルの感情のこもった盛り上げ方と最後の繊細な歌い方が素晴らしい。やっぱりレイチェルは別格だとつくづく感じました。

 

最後はキャロル・キングの"So Far Away"をティナとクインが歌います。


GLEE | Full Performance of "So Far Away" from "Jagged Little Tapestry" - YouTube

折角の美しい曲、ちょっと途中で切れてしまうのが残念ですね。

 

今回はとても懐かしく、美しい曲ばかりのパフォーマンス動画でした。

GLEEの皆様、本当にありがとう!!

 

それではまた来週!!