読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

GLEE Season 6 第4話、"The Hurt Locker, Pert1"のパフォーマンスが公開されました!!

本日はGLEE SEASON6 第6話の"The Hurt Locker, Pert1"のパフォーマンスがYouTubeで公開されました。

今回は新生ニュー・ディレクションを率いるレイチェルと、同じく新生ウォブラーズを率いるブレインが、新生ボーカルアドレナリンの練習を見学に行ったようです。

一方シュー先生は、またもやレイチェルを妨害しようといろいろ画策しているようですが、その動画がかなり面白いです!

 

まず最初の動画は、Vanessa Carltonの曲"A Thousand Miles"をサムとレイチェルが歌います。オリジナルの方も、このサムとレイチェルのように外に飛び出してピアノを弾いていました。


GLEE | Full Performance of "A Thousand Miles" from "The Hurt Locker, Part 1" - YouTube

でもこうやってピアノを弾いている動画をみると、どうしても本人が弾いているか手元を確認したくなっちゃいますよね。

サムは他の動画とかで楽器が得意なことを知っているので安心して見ていられるのですが、レイチェルの手の動きと本人のアップが別々に撮られているので「本当に弾いている?」と疑ってしまいますね。

レイチェルは本当のところピアノはどうなんでしょう?

 

お次はスー先生がMeredith Brooksの"Bitch"を歌います。オリジナルを歌うMeredith Brooksは、ロック歌手っぽいシンガーソングライターですが、まあこの曲のタイトルもすごいですね。


GLEE | Full Performance of "Bitch" from "The Hurt Locker, Part 1" - YouTube

コチラの動画、スー先生がレイチェルの引き出しから顔を出すところが最高潮に面白いです。さすがというしかありません!

 

そしてボーカルアドレナリンのパフォーマンス1は、B-52sというバンドの"Rock Lobster"という1979年の曲です。


GLEE | Full Performance of "Rock Lobster" from "The Hurt Locker, Part 1" - YouTube

ダンスのキレがいいですね〜。

 

最後にボーカルアドレナリンのパフォーマンス2は、Devoというバンドの"Whip It"という曲、こちらも1980年に発表された古い曲です。


GLEE | Full Performance of "Whip It" from "The Hurt Locker, Part 1" - YouTube

この赤いボタンのようなマークがDevoのトレードマークみたいです。

 

個人的には、1曲目の"A Thousand Miles"が聴きやすいかな〜。

Gleeは私の全然知らない曲を現代風にアレンジしてガンガン発表してくれるので本当にためになるというか勉強になります。

 

我が家の子供たちもGleeが好きなので、こうして古い曲も新しい曲も少なくとも1回は聴いていて、そこいらの若人よりはよっぽど洋楽が詳しくなっているのではないでしょうか。

 

ちなみに、巷で”エド”と言えば「エドはるみさん」と答えると思いますが、我が家のチオコは「エド・シーラン!」と当然のように答えるまでに成長しております。

 

それではまた来週!!