oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

清水の舞台からダイブっ!!

こんばんは、ムッシュです。

 

いや〜、ついに買っちゃいましたよ!!

 

あれは忘れもしない1週間前、アチコとその仲間たち(サイとチオコ)を車に乗せて、アチコが通うレッスン場所まで車で送っていく最中、ふと気が付くとフロントガラスに15cmほどのヒビが入っているでは有りませんか!!

そしてそのヒビの中央当たりに何か石のようなものが当たった後がっ!!これはウワサに聞いた”飛び石”による損傷というやつですか、OMG!!

いつやったのかな〜、気づかなかった、、、。

 

あまり広がらなければしばらく様子を見ようかなんて呑気なことを言って1週間放置していましたが、昨日そのヒビを見てみたところなんとそのヒビが伸びているではありませんか?!うわっ、やばい!!

 

私の中で、お金の計算がフル回転!!

 

ネットで調べるとフロントガラスの交換は10万以上、そして保険を利用すると初回の免責金額は5万なので、恐らく最低5万の出費の覚悟が必要。さらに今年の6月は車検、今の車は初期のフィットでしたのでここでの出費は10万前後でしょうか。合わせて15万。

 

我が家のフィットちゃんは乗り始めてからもう13年ほどにもなります。まあ途中で紆余曲折ありましたが、そろそろ買い替えてもいいかなと毎年のように思っていた所に今回のキッカケがやってきました。

 

ピンチをチャンスに変える!それが我が家の方針!!

ネガティブなことがあったらもっとポジティブなことのキッカケにしてしまえば良いではないか!!

 

ということで、本日とある中古車ディーラーの所に家族みんなで訪れました。

 

私:「X万くらいで探してるんですけど、ちょっと見せてもらってもいいですか?」

ディーラー:「はい、ではこちらにご案内します。」

 

指定した金額より少し高めの車を「これ、ほんとにいいモノなんですよ〜!」嬉々として喋るディーラー。

私も運転席に座り、「あー、これいいっ!」と満足感に浸り、子供たちはサンルーフに大はしゃぎ。

登録年、走行距離の条件もまずまず、価格面でもギリギリ許容範囲。

 

「良かったら試乗もできますよっ。」甘い言葉をディーラーが囁きます。

「じゃあ乗ってみようかな。サイも乗るんで大丈夫か試してみます。」と一応予防線を張ってみることに。

 

初代フィットから比べると格段に進歩している最近(といっても数年前)の車。サイドブレーキ的なものがボタンになっていました!

そのボタンを押してサイドブレーキを解除しイザ出発。

「そこを右に曲がって下さい。」と言うディーラー、「わかりました。」と方向指示器を出すと突然ワイパーが動き出してしまいましたっ(汗

「こちらの車、方向指示器は左側にあるんですよ〜。」嬉しそうにディーラーが喋っています。

 

しばらく運転させてもらい徐々に慣れてきて欲しさ倍増の私、そして車の運転がサイに変わります。

フィットと比べると格段に大きくなっている試乗車に、運転前のサイは不安でいっぱい。

しかし乗り始めてしばらくすると比較的軽快に運転しているサイ、最後には「乗りやすいね♪」なんて余裕のコメントが出てきました。

 

そして運命の見積書とのご対面、「ほほーぅ!」。本体価格に諸費用がY万ほど追加された価格が提示されました。

それなりのモノであるため、ここで一発サインをする訳にはいかない。苦渋の表情を浮かべ「けっこうなお値段になりますね〜、ただ当初想定していた金額からはちょっと上に行ってしまっていますので〜。もう少しなんとかならないでしょうか?」

やっぱりそう来ます?ってな顔をしつつ「こちらもお客様のために結構ギリギリの価格でやってますので、そんな大幅な値下げは無理なんですよー。」とディーラーが答えます。

ディーラーの言うとおり、確かに良い値段であることは認識しつつ「そうですかー。」とさらに渋い表情を浮かべる私。

 

「分かりました。じゃあ本当はアレなんですけど、裏ワザ出します。」と一歩踏み込んでくるディーラー。

「待ってました!!」心のなかでつぶやく私。

「実はこのサイトから見て来たというとこういうキャンペーンがあるのですが、そこから来たということで宜しいですね。」というディーラー。

もちろん私は「はい、そのサイトから見て来ました。」と答えます。

 

そしてついに(仮)契約成立!!

 

一応本契約は明日にある確認を行ってからなのですが、まずは良い買い物ができたのではないかと満足しております。

家族全員今回の車が気に入ったようで、アチコもチオコも「ねえ、あの車買うの〜?」と何度も何度も確認していました。

 

さーて、車のかわりに差し出すお金を取り戻すためにまた明日から頑張らねばっ!!