oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor UK 2015、Girlsグループの6 Chair Challengeの動画が公開されました。

今週のX Factorも、動画が盛り沢山に公開されています。今回の6 Chair ChallengeはGirlsグループ、動画は全部で14本です。

 

すべての動画を紹介するのは大変ですので、今回は最終的にイスを獲得できた人のみのパフォーマンスを紹介します。

しかしそうは言っても激戦でした。歌唱力に関して言えば、ここまで来る人は実力でほぼ拮抗しています。そこから抜け出すところで差をつけたのはオリジナリティーであったり、ストーリー性であったり、見栄えであったり、若さであったり、パフォーマンス力であったり歌唱力以外のものも含めた総合力での差となったのではないでしょうか?

 

最初のパフォーマーはMonica Michaelです。昨年のまさにこの6 Chair Challengeで落とされてしまった彼女、経験を積んでしっかりと臨んできました。魅せるところ、聴かせる山場を作り、非常に良いパフォーマンスができました。ここでは絶対に負けられないその執念というストーリー性も後押ししたのかもしれません。納得のイスゲットです。

www.youtube.com

 

2人目はChloe Paige、Amazing Graceを歌いました。彼女はリスクをとって、ほぼアカペラで勝負してきました。その度胸とまた裏付けられた歌唱力がジャッジと観衆の心を掴みました。プロ根性とも言える芯の強さがステージ突破の鍵だったのかもしれません。

www.youtube.com

 

3人目はLouisa Johnson、Jennifer Hudsonの"I Am Telling You"を歌いました。彼女はまだ17歳ですが歌唱力がずば抜けています。これからプロとして売り出していくには非常に良いタイミングかもしれません。将来まだまだ進化していく期待値も含め勝ち残って欲しかった一人です。

www.youtube.com

 

4人目はHavva  Rebke、Blackstreetsの"No Diggity"を歌いました。ライバルたちの中で唯一ラップを歌いました。歌唱力としてはまだまだだと思われますが、このオリジナリティーが最後までイスに座り続けることができた理由かもしれません。ただしこれ以降のステージで、さらなる高いハードルが待ち受けているでしょう。

www.youtube.com

 

5人目は私のイチオシ、Keira Weathersです。Whitney Houstonの"I Will Always Love You"というBig Songを持ってきました。歌う前にこの曲を歌う理由として「母がいつも自分に歌ってくれ、その恩返しとして母に贈る歌」というストーリーを持ってきたことも良かったです。声質、ロングトーンの安定感、エモーショナルなパフォーマンス、最高のパフォーマンスでした!選曲も含めてパーフェクトです!!

www.youtube.com

しかし、何度見てもこの6 Chair Callengeは残酷で、ジャッジは最も辛い瞬間でしょう。

 

そして最後の6人目はLauren Murray、歌う順番も本当の最後でした。歌った歌はJessie Wareの"Say You Love Me"です。この緊張感の中で歌うことは大変だったと思いますがいい意味で鈍感力がありそうな、本番に強そうなタイプでしょうか。声質が綺麗で、訓練では得ることのできない素質をもっているところに、選曲もマッチして、想像以上に会場を沸かせました。

www.youtube.com

 

以上6名が6つのイスをゲットできました。

 

しかしもう一度全動画を見直しても紙一重ですね。歌の順番を変えてもう一度歌ったら、きっと選ばれる人は変わってくるでしょう。

 

しかしそうは言っても個人的にはこの人選はほぼパーフェクトです。リタオラ、素晴らしい選球眼を持っているなと関心しました。いいメンターになりそうです。

 

それではまた来週!!