読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やGleeの話題、週末の日記、趣味の料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

冬の京都旅行2017!!第2日目

旅行 アチコ チオコ

京都旅行第2日目は朝9時過ぎに宿を出発。今日は金閣寺方面から回ってみることにしました。

バスに乗ること30分超、金閣寺道というバス停で下車し、金閣寺鹿苑寺)を参拝しました。

f:id:oasismath:20170105221223j:image

 

またもやあいにくの曇り空、時折パラパラと雨が降ってきたりしてとても寒かったです。

それでも元気な子供達、写経がしたいということで一文字100円の写経という安いんだか高いんだかわからない体験写経をしました。

アチコは「五」という字を写し、願い事は「心願成就」、チオコは「子」という字を写し、願いは「健康長寿」でした。(チオコはサイの助けあり)

f:id:oasismath:20170105221700j:image

f:id:oasismath:20170105221857j:image

 

さて、お次は龍安寺に向かうところでしたが、寒すぎて途中で早めの昼食、お蕎麦とおうどんを頂きました。が、いまいち感動が薄かったのでコメントは省略します。

昼食後に徒歩にて龍安寺まで。ここは石庭で有名です。

f:id:oasismath:20170105222404j:image

 

この辺で「私ここ好きかも」とわたし侘び寂び理解出来るアピールするサイ、その横で真の侘び寂び女子チオコがぼーっと庭を眺めてます。

f:id:oasismath:20170105222837j:image

 

そうそう、龍安寺は石庭だけでなく、庭も綺麗ですよね。季節が冬ということで花とか咲いてませんでしたが、梅や桜の木があって春だったら本当に綺麗なんだろうなと思いました。

f:id:oasismath:20170105223400j:image

 

龍安寺からまたまた徒歩で20分弱くらいのところに仁和寺があります。チオコも歩くの疲れたと言い始めますが、走ればすぐ着くから疲れないよとか訳わからない理由でごまかしながら目的地に到着しました。

こちらの門は「二王門」、アチコの背中に仏様の半眼のような光が!?きっと私たちを見守ってくれているのでしょう。

f:id:oasismath:20170105224930j:image

 

そして仁和寺のしん殿内へ入ると、そこにも美しい庭園、そして書院の数々があります。

f:id:oasismath:20170105225609j:image

f:id:oasismath:20170105225832j:image

f:id:oasismath:20170105225712j:image

f:id:oasismath:20170105225916j:image

 

そんな中、私はこのアングルが好きかな。

f:id:oasismath:20170105230023j:image

 

家族全員が仁和寺を気に入りました。私も気に入ったついでに御守りを購入しました。

 

仁和寺には、他にも五重塔があります。

f:id:oasismath:20170105230507j:image

 

見所満載の割に清水寺三十三間堂ほど混んでなくて、今のところ我が家でNo.1の観光名所となりました。

 

時間が経つのは早いもので、色々見ているうちに時間は午後3時を過ぎてしまいました。当初は嵐山も行けるかな?とも考えていましたが家族で回るとなるとこの辺りから休憩&宿に戻る準備にはいりました。

 

仁和寺から再びバスに乗って今度はチオコ念願の祇園方面に向かいました。

途中で色々お買い物をして、祇園にある甘味処「月ヶ瀬」であんみつを頂きました。

f:id:oasismath:20170105231320j:image

 

 小腹を満たした後は宿にてお手製のディナー、やっぱり外食が続くと我が家の定番料理にホッとしますよね。(ちなみにトンテキは自宅から持ってきた私の秘伝のたれ?による味付けとなっております。)

f:id:oasismath:20170105231528j:image

 

食事の後は今日も別腹のおやつ、祇園のニキニキで購入した生八ツ橋の人形型お菓子を頂きました。

f:id:oasismath:20170105231902j:image

 

最後にこれまでの戦利品とともに、今日も京都の日本酒を頂いております。

f:id:oasismath:20170105232035j:image

 

そろそろ今日も床に就きたいと思います。

それではまた明日、お休みなさい。