oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

八ヶ岳(赤岳)登頂!!

夏真っ盛り、登山の季節がやってきました。

 

今回向かったのは八ヶ岳連峰の最高峰である赤岳です。そう言えば我が家の実家には、私が子供の頃に八ヶ岳のペナントが飾ってありました。あれは何だったのでしょうか?その山を今こうして大人になって登ることになるとは感慨深いものがあります。

 

金曜日の夜から会社の同僚達と都内某所で待ち合わせをして、レンタカーで八ヶ岳登山口近くのホテルに前泊しました。泊まった部屋は5人部屋の雑魚寝、ホテルについたのが夜11時、そして翌日の起床時間は4:00というハードスケジュールです。睡眠時間が短いので緊張して何かを計算する夢を見て朝から憂鬱な目覚めとなりました。

 

朝5時前に登山口に到着、メンバーは全員寝不足なので相当テンション低めでスタートしました。しばし無言でズンズンと登っていきます。

登山開始から3時間前後でしょうか、木の高さが低くなり絶景が見えてきました。下の方に見えるのは赤岳に登る中継点の行者小屋です。

f:id:oasismath:20170806204820j:image

 

キツイ坂がドンドン続きます。なんとなく酸素が薄く感じられ、ハアハア言いながら絶景見たさに登り続けます。

f:id:oasismath:20170806204750j:image

 

 そして赤岳のほぼ頂上に存在する赤岳頂上小屋、そこからはパノラマ大画面です。しっかりと富士山が見えました。雲の上にぽっかりと浮かび上がる富士山は何とも絵になります。しかしこの写真撮影後、雲がモクモクと成長してきて5分としないうちに見えなくなってしまいました。山の天気は本当に変わりやすいですね。f:id:oasismath:20170806204917j:image

 

先ほどの撮影ポイントから最後の力を振り絞って頂上を目指します。下に見える小屋が赤岳頂上小屋、上から下に向かって撮影しましたが登ってきた急坂が角度がきつすぎて見えません。いやー、よく頑張った。

f:id:oasismath:20170806205224j:image

 

そして頂上到着!!

少し雲がかかってきましたが、斜面の反対側は青空が広がり良い天気で良かったです。

 

天気予報では、午後から雨模様、時々雷を伴うと出ていたのであまりのんびりせず、程々に下山を開始しました。

下山途中から撮影した、赤岳の隣りにある硫黄岳と阿弥陀岳、夏山って感じで美しいですね。

f:id:oasismath:20170806205239j:image

 

下山は12時チョイ過ぎ、疲れましたがギリギリ天候にも恵まれ気持ちよかったです。とくに高い所に行くと気温が低いのでいいですね。

 

また、行きたいと思います。

それでは、お休みなさい。