oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor UK 2018, Auditions Week 1 - 2日目 -

本日も〜〜、X Factorの動画を紹介しますよ〜〜!?

 

早速行ってみましょう!!

 

最初はトリニダード・トバゴ出身の愉快なパフォーマーOla、いきなり「NO! NO! NO! That's the wrong tune♪ That's the wrong tune♪」とパフォーマンスと勘違いするような素晴らしいリズム感。

気を取り直したパフォーマンスもなかなかのものでした。これは今後も楽しみだ!!

www.youtube.com

 

続いてはハイトーンボイスが魅力のBrendan、最初のパフォーマンスでサイモンから曲が合ってないと言われ、バックステージで必死に練習した後の再チャレンジでのパフォーマンス。

でもやっぱりまだ自分のものにできなくて何度もやり直し。彼はこの曲を知らなかったので歌詞を見ないのはアンフェアだと言い、歌詞を見て歌ってもいいと提案。

その後のパフォーマンス、最初は物凄い緊張していたけど最後の歌詞を投げ捨てた後のハイトーンはグッとくるものがありましたね〜。

www.youtube.com

 

最後に紹介するのはAnthony、去年ある"issue"(クスリ)が原因で途中からブラックアウトしてしまった後、ルイが連絡を取っていたそうです。その後更生してすっかり"clean"になって、今年最チャレンジと相成りました。

歌う曲はアビーチのWake Me Up、まさに今のアンソニーの気持ちを体現している曲でした。

一言目から別格のパフォーマンス、「あー、やっぱり歌の上手い人は本当に限られた特別な人だけなんだな。」と思い知らされる素晴らしいパフォーマンス。もう聴いているだけで心地よくて、ずっと歌が続いて欲しい、そう思わせるパフォーマンスでした。

最後にがっちりルイと抱き合うところなんかもうジーーンと来ちゃいました。

www.youtube.com

 

やっぱりX Factorはアンソニークラスの人がガンガン来てくれないと面白くないですね。これからもっともっといい人が出てくれることを期待していますっ!!

 

それではまた来週!!!!