oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor UK 2018, Live Shows Week 4 - 今週は映画音楽!! -

みなさんこんにちは。

今週もX Factorが始まりました!!

早いもので今日で4週目、メンバーも10組まで減ってきました。

そして今週のテーマは「Movies」、映画音楽ですね?!ということは去年大ヒットしたあの映画の曲がたっくさん出てくると言うことですよね?!

 

それではいってみましよう!!

 

最初を任されたのはこちら!!

① Giovanni Spano

The Greatest Shownan: "The Greatest Show"

おおー、これできたか!!現在グレイテスト・ショーマンのトリビュートアルバム「The Greatest Showman – Reimagined」が発売されようとしてますが、今回のジョバンニのはPanic! At The Discoのバージョンに近いですね。

若干音をはずし気味だけど、今回の選曲とジョバンニの個性のマッチングがいいし、ステージングも良かった。毎回思うけど、彼はいつもいいところを突いてくる。そして聴いていて心地がいい!!

評価ポイントは87+、なんかどんどん自信をつけて成長していってる感じ。行けるところまでいけーー!!

www.youtube.com

 

②  Dalton Harris

Mamas and Papas: "California Dreamin"

もう彼のボイスコントロールはただただ素晴らしい。単に音程を上下に曲芸的に振らしてるだけでなく、聴いている方も心地よくさせてくれる。

あと昔はもう少し抑えめに歌えたような気がするけど、最近はガンガン前に出て歌のうまさをバリバリアピールしてくるようになった気がする。これについては昔の方が感情が込もってて良かったって思う人もいるかもしれないね。個人的には少しずつスターとしての自覚が出てきたんじゃないかなと言う意味でポジティブに評価してる。

ただ今回のパフォーマンスについては、特にサプライズはなかったので評価ポイントは90、としときます。

www.youtube.com

 

③ Scarlett Lee

A Star Is Born: "I’ll Never Love Again"

これはレディ・ガガの新作の映画からの曲ですね。スカーレットの歌聴いて、けっこういいじゃんと思ったけど、このオリジナルの曲(I'll Never Love Again)を聴いてみたら天と地ほどの差があった。(動画見ずに歌だけ聴いても全然違います。)

残念だけどスカーレットの曲からは全く歌詞が入ってこない一方で、ガガ様はブワーッと歌詞が入ってきて世界観が頭の中に広がってくる。

スカーレットには申し訳ないけど、ガガ様のすごさを思い知った。伝える力がちが過ぎる!!これがプロとアマの決定的な差ですね。

評価ポイントは87。ごめんね、ガガ様聴いちゃったので評価が下がってしまいました。

www.youtube.com

 

④ Brendan Murray

R.E.M.: "Everybody Hurts"

6チェア・チャレンジでやった曲ですね。なんかブレンダンが歌うのを聴いていると、今までかかっていた魔法が解けてしまったみたいで、全く期待感がなくなってしまいました。まあ同じ曲2回やるのもねぇ。

流石に前回よりはいいけど6チェアの時ほどのサプライズはなしで、評価ポイントは85。

www.youtube.com

 

 ⑤ Acaia and Aaliyah

Destiny's Child: "Survivor"

みなさんご存知のビヨンセの曲、はっきり言って彼女たちには役不足感がヒシヒシと伝わってきます。そしてこの曲なんの映画に使われてたっけって思ったら、"Tomb Rider"と言う(最新の?)映画で2WEIという人たちの曲で使われてたんですね。

これは流石に学園祭レベルじゃないかな、今回の評価ポイントは84。ラップも封印させられちゃったしね。

www.youtube.com

 

⑥ Bella Penfold

The Greatest Showman: "A Million Dreams"

どうも歌う前に言葉を入れるのは苦手だなー、ベラはラッパーなんだからこれを曲の中に入れれば全然評価が変わるのに。それがラッパーとしての醍醐味じゃないのかな?歌が上手くなったのはわかるけど、これじゃあベラの個性がどこにもない。まあ声質はけっこう好きなタイプなんだけどね。

評価ポイントは87、映画音楽でラップが使われてるの出来なかったのかね?こんなのとかあったけど(Eminem - Lose Yourself エミネムは許可下りないか。。。

www.youtube.com

 

⑦ Misunderstood

Michael Sembello: "Maniac"

1983年に公開された"Flashdance"から。やっぱり彼らは選曲のセンスが抜群にいい。かっこいい基準と自分たちがそれをやった場合に相性がいいかを的確に判断できる。他の人は単に好きだとか、まあやらされてやってるけど、個性に十分あってなくて違和感が見えてきてしまう。でも彼らには違和感がない。

ちょっと歌唱力がきになるところはあるけど、ダンスしながら歌うのはかなりハードだし、その辺りは若干甘めに評価して考えると評価ポイントは88、Well Done!!

www.youtube.com

 

⑧ Danny Tetly

Celine Dion: "My Heart Will Go On"

ご存知タイタニックのテーマソング。高音が良く出てるのは素晴らしいけど、流石にX Factorもここまでくると若干興ざめしてしまう選曲とパフォーマンスですねー。そろそろダニーの限界が見えてきた感じ。

評価ポイントは85、ボトム3の危機!!

www.youtube.com

 

⑨ Anthony Russell

Survivor: "Eye of the Tiger"

こちらもご存知、ロッキーのテーマソング。登場シーンからシャドーボクシングとかして既に入ってる(笑)!しばらく会場で歌ってるのもボクサーっぽくていい!!

もう今年のX Factorのマスコットはアンソニーで決まりだね!!

評価ポイントは89、彼もこのまま突き進んで欲しい!!

www.youtube.com

 

⑩ Shan Ako

The Greatest Showman (Loren Allred): "Never Enough"

歌唱力としては素晴らしかったけど、今日のシャンは少し変でしたねー。2箇所ほど違和感のあるところが。1:30のところは確実に歌詞を間違えていて、1:53のところは動揺してか少し早く入ってしまっていた。シャンにしては珍しい比較的大きなミス。

普段は冷静な彼女も、この歌に感情移入し過ぎて若干自分を失ってしまいましたねー。まあこの歌はボーカリストを惑わしてしまうほどのいい歌なのかもしれませんね。

残念ながら今回のシャンの評価ポイントは前回より落ちて87、でもこんなシャンも見ることが出来てある意味良かった。

www.youtube.com

 

と言うことで今回のパフォーマンスの評価をまとめてみます:

 

90: Dalton

89: Anthony

88: Misunderstood

87+: Giovanni

87: Scarlett, Bella, Shan

85: Brendan, Danny

84: Acaia and Aaliyah

 

こうしてみると、ボトム3はブレンダン、ダニー、A&Aかな。でもそのちょっと上をみるとそこにはもうスカーレットとかベラとかシャンがいる(汗)!!

 

もうどの人も安泰なんて言えない領域に入ってきましたね!!

明日はどんな結果になるか?

それではまた明日!!!