oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

フィラデルフィアへ行ってました。

お久しぶりです。去年の12月中旬から随分と更新が止まってました。

 

今年は年初から出張でアメリカのフィラデルフィアに行ってきました。

出張の結果をまとめてそれを報告して忙しかったり、夜になると酒を飲んでそのまま寝てしまったりと色々忙しかった(?)のですよねー。

 

さて、出発したのはまだ正月気分も抜けない1月4日の朝、成田からワシントン経由でフィラデルフィアに向かいました。

機内でお飲物はいかがですか?と聞かれて「赤ワインで!」と即答し、寝る間も惜しんで映画を見ていました。ダメですねー、貧乏性なので映画を見ないともったいないと思ってしまうこの感性。翌日から後悔することになるんですけどね。

ほろ酔い気分で飛行機の窓からカシャ!

f:id:oasismath:20180121182906j:image

 

アメリカに行くと、エコノミーの人間は人間というより家畜に対する扱いに近くなりますよね。入り口は分けられ、行列を並び、あらゆるものの優先順位が下げられます。そして今回はちょうど暴風雪にぶつかってしまいました。

 

ワシントンに到着後、フィラデルフィアに向かうための次の便のキャンセルが発表されます。あちこちで飛び交う「Oh My God!!」。カスタマーサービスに並ぶも、大行列でなかなか順番が回ってきません。自分たちの順番が回ってきて、なんとかフィラデルフィア行きの次の便に変更してもらいます。便の変更はちょっとした賭けでした。天気を調べて午後になると回復するとの見通しだったので、きっと大丈夫だろうという希望的観測のもとに手続きをしてもらいました。

次の便まで6時間程度、映画見過ぎによる睡眠不足のため、うとうとしながら待っていると、掲示板に次のフィラデルフィア行きの便にも「Cancel」の文字が!!

「Oh My God!!!」、心の中で呟きながらこれからの可能性を考えるために頭がフル回転します。本場アメリカのGoogle Mapでワシントンからフィラデルフィア行きの電車でのルートを調べると、ワシントンの中心部からAmtrak(アムトラック)という列車でフィラデルフィアまで行けるルートを見つけました。

もう一度あの行列のあるカスタマーサービスに並びます。「Shit!!」心の中の叫びまで徐々に英語モードになっていきます。

ようやく自分の順番が回ってきて、飛行機はやめて電車でフィラデルフィアに行きたいとユナイテッドの担当の人に告げます。なんだかモタモタしていましたが、飛行機のキャンセルをしつつ列車の予約をしてくれました。

 

ワシントン国際空港から、フィラデルフィア行きの列車のあるワシントンの中心部まではタクシーで45分くらいかかります。幸か不幸か、タクシーの中からホワイトハウスアメリカ合衆国議会議事堂、ワシントン記念塔などを見ることができました。

こちらはタクシーからみた議会議事堂。よく見えませんね。

f:id:oasismath:20180121182937j:image

 

本当は午後3時にはホテルに着いている予定でしたが、結局到着したのは午後10時過ぎでした。もうヘロヘロ。。。ちなみにフィラデルフィアから先のニューヨークに行く人は途中からキャンセルになったようで間一髪でした!

f:id:oasismath:20180121183014j:image

 

次の日から快晴、でも気温は最低気温はマイナス15度、最高でもマイナス5度、もう外を歩いていると5分で嫌になってきます。ちょっとした買い物にも出るのが億劫になってしまいました。

f:id:oasismath:20180121183103j:image

 

そんな中、空いた時間を縫ってフィラデルフィア美術館へ。

 フィラデルフィア美術館は結構広いですね。ここにはゴッホの「ヒマワリ」とか、

f:id:oasismath:20180121183145j:image

 

モネの「睡蓮の池と日本の橋」とかありました。

f:id:oasismath:20180121183217j:image

 

フィラデルフィア美術館は、映画「ロッキー」でシルベスタスタローンが階段を駆け上がった場所でも有名です。

f:id:oasismath:20180121183351j:image

 

美術館から反対側の街の中心部に向かって撮影した写真。「ふー、めっちゃ寒い!!」

f:id:oasismath:20180121183430j:image

 

そんなこんなでドタバタした移動でしたが、無事日本に帰ってきました。。。

 

と思いきや、なんとフィラデルフィアの空港で帰りの便のチェックインをしようとしたら、なぜかフライトがキャンセルされていました!!「はっ?天気もいいのに何で??」頭の中で、次の可能性を探しに行きます。しかし、色々と状況が見えてくると、どうも飛行機には何の問題もなさそうです。

これってもしかして、行きの便をキャンセルした時に帰りの便もキャンセルされてる???

「Shit!!あの仕事のできなそうだったあいつのせいか!!」

 

本当に散々な移動でした。

 

帰りのフライトでもやっぱりワインを飲んで、いっぱい映画を見て帰ってきました。

貧乏性は一生治りませんかね!?

 

P.S. フィラデルフィアにはフィラデルフィアチーズは売ってませんでした。。。

独断と偏見で選ぶX Factor 2017 ベストパフォーマンスTOP 15!!

随分と寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

もうX Factorファイナルから2週間が経過し、徐々にX Factorの記憶も薄れていきそうですが、我が家のX Factor熱はまだ終わってない!!

と言うことでもう一度今年のX Factor UKを振り返ってみたいと思います!!

(先週に更新しようと思ってたんですが家族の誰かが風邪ひいたりイベントがあったりと大変でした。。。)

 

全ては独断と偏見のランキング、どのステージとか区別なく私の中での今年の代表作ということで発表します!!

 

第15位

まずはAiden Martinのルームオーディション、今年のX Factorから新しい取り組みとしてオリジナルソングをガンガン許可するようになりましたが、その中でも記憶に残るオリジナルソングを披露してくれました。

とても感動的で素晴らしい曲です。これぞX Factorのルームオーディションと言える記憶に残るパフォーマンスでした。Aidanはジャッジズ・ハウスまで進みましたが一歩間違えれば(ルイじいが間違えてなければ)ライブオーディションに進めたでしょう。

ルイじいが残さなかった代わりに、私が今年のベストパフォーマンスの一つとしてこのブログの中にささやかに残させていただきます。AidanはSix Chairsでも素晴らしいオリジナルソングを見せてくれたけど、個人的にはこっちの曲の方が好きかな。

www.youtube.com

 

第14位

こちらもルームオーディションからJack & Joel、エドシーランのマッシュアップをやりました。今年は猫も杓子もエドシーランでサイモン他審査員は飽き飽きでしたが、その逆風の中素晴らしいパフォーマンスでした!彼らはライブショーまで行ったけど、でも彼らの根っこの部分ってこのルームオーディションに凝縮されてたのかなと。彼らのいいところって、とても楽しそうにパフォーマンスしていることで、みていてウキウキして来ます。彼らは我が家でも話題で、サイはジョエルが好きすぎてジョエルと同じようなメガネをつい先日購入しました!!

www.youtube.com

 

第13位 

お次はホーリーちゃん!!リアルタイムでのコメントでは音痴だの高音が出ないだの散々文句言ってましたが、彼女は今回のビジュアル・オブ・ザ・イヤーです!!かわいいは正義!!

このライブショーのパフォーマンスみた時、もしかしてホーリーちゃんTOP3に入るんじゃね??と思いましたが最後にアリアナグランデの選曲がなんとも残念でしたねーー。

www.youtube.com

 

第12位

12位はレイエルちゃん、ライブショーに入ってからどうも冴えなかったけど、その前まではこの子只者ではないと本当に思いました。このジャッジズハウスでのゴティエの"Somebody That I Used To Know"の料理の仕方、素晴らしかったです!!

ホーリーちゃんもそうだけど、レイエルちゃんもまだ若いし、ライブショーに入ると大人に振り回されちゃって、自分を失っちゃった感じがちょっとするなー。でもポテンシャルは凄いし、まだ若いし、これからもっともっと頑張ってまたどこかで成長した彼女を見てみたいですね!!

www.youtube.com

 

第11位

11位はAnthony Russellの"Issues"です。アンソニーはSix Chairsを通過したにも関わらず、なんらかの理由(薬物疑惑?)でジャッジズハウスに進めなくなってしまいました。実力は相当あったのに色んな意味でとても残念です。

このパフォーマンス、彼の重たい声で深いところから繰り返し流れてくるメロディーがまるで夜の海が押しては引いいていくシーンを想像させます。幸せの表現とはまた違う、人生の不条理さ、困難さ、それでも人生は続いていくし、明日のためにまた生きていく、新しい希望を追い求めて生きていく、そんな共感を覚える曲でした。良かったです!!

www.youtube.com

 

第10位

引き続きルームオーディション、Berget Lewisのパープルレイン。これもよかったなーー。さすがベテランというパフォーマンス、ちょっと森公美子に似てる気もしますが、アムステルダムでそこそこ成功していたミュージシャンがゼロから出発して挑戦する姿、とても美しいですね。いつからでも挑戦ができる、そして挑戦する姿が人を感動させる、同じアラフォーとして「自分もガンバロ」、そう思いました。

特に彼女の高音、とても気持ちが良くてずっと聴いていたい!!素晴らしいボーカルです!!

www.youtube.com

 

第9位

今年の優勝者のRak-Su、今年を振り返る上で彼らを外せませんね。彼らは色んなオリジナルソングを披露してくれましたが、このWinners Songは外せないですね。彼らはもう完成していて、面白さとか成長という点ではX Factorぽくなかったですが、じゃあ他の人たちが彼らと同じクオリティでパフォーマンスできていたかというと、なかなか彼らを超えられなかったからね。

おめでとうRak-Su、これからも頑張ってね!!

www.youtube.com

 

第8位

さて、もう優勝者の歌出しちゃったけど、これは私の独断と偏見のランキングなのでまた戻っていきます。8位はアリーサ、"This Is My Now"、彼女のボーカルは本当に凄い。もう時代遅れと言われようと、ディーバソングは聞き飽きたと言われようと、やっぱりX Factorはこうじゃなくちゃ。

同じアジア人として彼女のような人が世界で活躍することを期待してます!っていうかこの歌凄いいいよね!?アリーナオーディションの"Defying Gravity"もよかったけど、まあやっぱりこっちがいいかな。

www.youtube.com

 

第7位

今年のトラブル・オブ・ザ・イヤー、ベンジー君です。くそルイじいのジャッジで彼はSix Chairを超えられませんでしたが、彼のソングライティングの才能は素晴らしかったです!!キャラがおかしいし、見た目もアレだけど、目をつぶってこの歌を聴いたらもうたまらなくイイ!!

彼の声とこの曲とてもマッチしてるし、あーーベンジー君、お前ほんとイイやつだな!!応援してるぞ!!!って抱き合いたい気分です!!

www.youtube.com

 

第6位

今年のボーカル・オブ・ザ・イヤーはショーン&コナーのコナーでしょ?!彼のボーカルはもう天から授かった宝物、技術的なところや精神的なところではまだまだかもしれないけど、この曲のアカペラ、鳥肌が立ちます!

ルームオーディションから只者じゃないと思ってたけど、まだ若いからどこまで行けるかなーと思ってたら、ライブショーの結構イイところまで辿り着けました。もっともっと彼らの曲を聴きたいですね!!

www.youtube.com

 

第5位

今年のX Factor、Rak-Suと並んで主役となったもう一人のGraceです!彼女は色んなオリジナルソングを披露してくれて、準優勝までたどり着きましたが、私の中ではこれは歴史に残る素晴らしい大失敗です!!

X Factorがオリジナルのパフォーマンスを評価する方向性に変更するきっかけとして、彼女が大きな役割を果たしたんじゃないでしょうか?思い返せば彼女は、もしこの失敗で彼女が脱落していたら今のグレースはなかったでしょう。このパフォーマンスでシャローンがジャッジズハウスを通過させたことは大英断です!!

でも、でもこの泣きながら歌を続けた彼女歌は本当に美しい!!!涙が溢れて来ます!!!これぞX Factor、これぞドラマの中で生まれた二度と再現できない最高のパフォーマンスです!!

www.youtube.com

 

第4位

もう一回行きます、Rak-Su!!この歌はオーディションの時にもやりましたが、もうRak-Suの楽しさがヒシヒシと伝わってきます。彼らの歌の中では一番好きだなー。一人一人が最高の役割を果たしていて一つとして無駄がない。

もう勝手に体が動いてしまう、4人の仲の良さも伝わってきて素晴らしい!!!!!www.youtube.com

 

第3位

第3位はスペンサーのこの曲、オリジナルソングです!!私の中でのソング・オブ・ザ・イヤー!!

カッコつけのスペンサーが自分の素をさらけ出して歌と曲だけで勝負した渾身の一曲!!尺の関係で全部を聴けなくて残念でなりませんが、ただただ素晴らしい!!正直、彼がライブショーの初っ端で落ちたことが今でも納得言ってません!!めっちゃ上手いし、オリジナルソングだってもっとあったはず!!

だけど彼は実力があるから、どこか別の誰かが引っ張ってくれて売れて欲しいです!!それに値する才能持ってます!!!

www.youtube.com

 

第2位

第2位はロイド!!!このFix Youは珠玉の名作です!!今までロイドはどこかミュージカルっぽいというのが私の中での評価でしたが、このFix Youは本当に癒されます。もし自分が戦場に行かなきゃ行けなくて、ジャングルの中で絶望を感じた時に、この曲を聞いたら生きて帰ろうと思うような素晴らしい曲です!!

歌って人の人生を変えることができると思うし、なにか宗教的な癒しの力がありますよね!!この歌を歌った時、ロイドは喉の調子が完璧じゃなかったはずだけど、それを全く感じさせませんでした。今年のヒーリング・オブ・ザイヤーです!!

www.youtube.com

 

第1位

今年のX Factorナンバーワンはこちら、ケビンとTokio Myersの奇跡のコラボです!!パフォーマンス・オブ・ザ・イヤーです!!才能のある人同士がお互い認め合ってコラボした、生涯たった一度だけの二度と見ることができないであろう最高のパフォーマンス!!もう音楽ってこれだよ!!魂の底から出てくる声と音楽、プロ中のプロの表現を見せてもらいました!!!

www.youtube.com

 

ということで、今年のX Factorも終わりです!!

ブログを見て下さったみなさま、ありがとうございました。

 

また、ブログ中でディスったり罵ったりしたこともありましたが、これもX Factor愛ゆえの暴言としてお許しください。

 

それでは、また来年!!!!

X Factor UK 2017 Live Show Performance Final 最終日!!

あーー、今日で今年のX Factorも終わりです。。。

長かったような短かったような、、、いや短いでしょっ?!

 

応募人数はどれほどだったかわかりませんが、本日パフォーマンスが許されたのはたった2組です。

グレースとRak-Su、優勝をかけて2曲ずつ歌います。

最終的に残った2組が、一貫してオリジナルソングでチャレンジしてきたことが、今年のX Factorの象徴的な出来事になりました。もちろん2組以外にもオリジナルソングを歌う人たちはいましたが、ここまで貫けたのはこの2組です。

(もしかしたら他の人たちもオリジナルソングをたくさん持っていたものの企画側から個別に禁止されていた可能性も否定できませんが、ケビンとかあれだけキャリアあるんだから持ってるだろ!!まあそんな野暮な話は無しにしておきましょう。)

 

そして今日歌う曲も当然オリジナルソングです。

 

っとその前に先輩Little MixとCNCOというラテンがいけるボーイズバンドフィーチャリングによるパフォーマンス"Power"を披露してくれました。

まあ流石ですね。なんかオリンピックの開会式でも見ている気分になりました。ショーとして素晴らしいし、歌唱力も抜群です!!CNCOがちょっとチャラくて若干ジャニーズみたいだったけどまあいいか、ってか2:13あたりでダンサーがコマネチしてない???

www.youtube.com

 

それでは行ってみましょう!!

まずはグレースから、新曲の"Nothing But Words"です。雰囲気としてはClean Banditを彷彿させるポップな曲でいいですけどね。が、いかんせんまだ彼女に小慣れてない。ワインじゃないけど、まだ出来立てで全然熟成されてなくてガチガチで硬い。

特に前半のAメロとか言うんですかね、低音部分がどうにも違和感が残っちゃう。あーおしいなー。もう少し時間があって推敲していればもう少しいい曲ができた気がするんだけど。なんか残念です。。。

www.youtube.com

 

そして後攻めは Rak-Su、こちらも新曲です。曲名は"Touché"。

もうたっぷりラクスーの出汁が出てますね。でもなんでだろー、こうなんか不思議なんだけど彼らの曲って ノリやすいのに体が動かないんですよね?

まあ比較しちゃいけないんだけどうブルーノマーズの"24K Magic"とかKendrick Lamar の"HUMBLE."とかもう体が動かずにはいられないんだけど、どうもラクスーにはこうくるものがないんだよねーー。ほんともう最後なのにすいませんね?!

www.youtube.com

 

で、2曲目行ってみましょう。

再びグレースから。もう歌い慣れて自分の人生の一部を切り出して表現する境地まで達している"Too Young"、んーーいいですねー。何かグレースの最初のオーディションから決勝までたどり着いた全ての瞬間が走馬灯のように蘇ってきます。もうグレース、今年のX Factorの思い出をありがとう!!

www.youtube.com

 

トリはRak-Su、"Mona Lisa"で来ました。あーー、もういいよ優勝!!いやもうポップだし、一般大衆に受けること間違いないでしょ。

でもさー、本当の自称音楽好きとしてはさー、君たちに言いたい、もっと頑張れよ!!音楽の深い深いところまで潜り込んで、苦しんで才能の未熟さに気がついて、そしてそれを突破して新しい自分たちの音楽を造ってくれよ!!!頼んだぞ!!

www.youtube.com

 

で結果発表。THIS IS IT!!

The Winner is ...

www.youtube.com

 

Rak-Su!!

 

おめでとーー!!

 

もう頑張ってくれよ!?去年のマットとか光速で抜き去ってくれよ?!これからのX Factorの成功のため、ぜひ売れてくれ!!!頼んだぞ!!

 

最後の Winning song、ありがとう!!X Factor 2017!!!

ww、w.youtube.com

 

と言うことでございまして、今年のX Factorも今日で終わりでございます。皆様におかれましては長らく小職のブログをご覧下さいまして誠にありがとございました。

 

それではまた来年!!!

と言いたいところですが、次週私の独断と偏見で選ぶX Factor 2017 ベストパフォーマンスTOP ??をお送りいたします!!!

 

乞うご期待!!!???

X Factor UK 2017 Live Show Performance Final 初日!!!

ついにFactror UKも今日と明日で最後です!

X Factorがファイナルを迎えると年の瀬を感じますねー。本日はファイナルに残ったケビン、グレースそしてラクスーの3組によるパフォーマンスです。本人のみのパフォーマンスとゲストと一緒にやるパフォーマンス、2曲歌います。

 

もう前置きはいいですね?それでは行って見ましょう!!

 

まずはKevinから、 Led Zeppelinの"Whole Lotta Love"デーース!!

すげーー、もう勝つ気なくて自分のやりたいことをやってる!!好きだなーこういうの。全世界に公開されるX Factorで媚び売るとか売れるとか、聴いてもらえるとか考えずに感情の赴くままにやるってすげーー!!ケビン大好き!!

www.youtube.com

 

次行きますよーー?2番手はグレイスです。

曲はGuns N' Rosesの"Live And Let Die"、ううーーーん、ケビンとは逆に狙いがさっぱり分からなかったなーー。まあさすがにファイナルでやるからにはなんらかのルーツがあるんだろうけど、でも全然伝わってこなかった。。。

www.youtube.com

 

3番手はラクスー、彼らの曲"Mamacita"です。

もういいよ、ラクスー優勝でっ。面白くないけど完成してるよ。もうそのままライブやれば会場埋められる気がするよ。グッジョブ!!

www.youtube.com

 

ゲストパフォーマンスはプリティーマッチです。

ありがとうございます。

www.youtube.com

 

次に行きますよーー?

ケビンとTokio Myersの"First Love"、やばい、これすげーかっこいい!!!!今日のケビンすごい!!

いやほんとこれ凄いよ?!これ結構X Factorの歴史に刻んでもいいくらい凄いパフォーマンスじゃない??なんだか分からないけど、ほんといい!!音楽ってこういうものだよね。売れるとか流行るとかそういうことじゃなくて、新しいものを生みだしながら時代に自分の音楽の爪痕をガシッと残していく、たとえ自分がのたれ死んでも音楽だけは生きていく、なんかそんな狂気と才能の凄さを感じた。

いやほんとこれは凄いと思うけどね!感動した!!!

www.youtube.com

 

もうこれを超えるものはないと思うけど、行きますか?

次はグレースです。

Palomaとかいう人と、グレースのオリジナルソングを歌いました。なんだか茶番ですよね。一緒に歌う意味がない。なんのプラスアルファ効果があるのか。ただ単に自分の好きな人と一緒に私の曲を歌ってくれて感動ですってただそれだけでしょ?ちょっと辛口でごめんなさいね。ただただ残念でなりません。

www.youtube.com

 

そして最後はラクスーさんです。

もうわかってますよ、トリを飾るのはラクスー先輩ですよ。Naughty Boyって必要だった?まあいいんですけどね。最後の逆立ちとか意味不明。。。

www.youtube.com

 

そしてゲストパフォーマンスはルイでしたが以下省略。

 

結果発表ですが、この荒れ具合でわかるように脱落したのは。。。

www.youtube.com

 

です。

 

っていうかUKいつもこうするよね?!

個人的には毎年そうだけど1位よりも2位とか3位が本当に実力ある人だと思うんだよね?

 

それではまた明日ーー!!

どうせラクスーでしょ?

おいグラミー賞さん、あんた世の中の流れに流されちゃいませんかね?!

昨日から今朝にかけて第60回グラミー賞のノミネートが発表されましたが、いやー本当に怒ってますよ!!

 

てゆうかさー、なんでエド・シーランが主要4部門に入ってないんですか???

なんか意図的に外されてますよね???白人男性っていうことで??アンチトランプの影響ですか?音楽関係者にとってエドシーランはもう聞き飽きた人気取りだけのポップミュージックですか???

 

じゃあ、ファクトを見て見ましょうか?

エドシーランとビルボードチャートで争っていたLuis Fonsi ft. Daddy Yankeeの"Despacito"の再生回数44億回、44億回???(二度見)スゲーーー。

www.youtube.com

同じくランキングを争っていたブルーノマーズの"24K Magic"は9億回!!

www.youtube.com

 

それに対してエドシーランの"Shape Of You"の再生回数は堂々の27億回ですよ!!!

www.youtube.com

 

主要部門でエドシーランだけ無視しますかね???

 

同じく最優秀レコード大賞にノミネートされたKendrick Lamarの"HUMBLE"、再生回数は3億8千万回再生、いい作品だと思いますよ?ビルボードで1位も獲得しているし十分ノミネートされる価値はありますよ。

www.youtube.com

 

ここからですよ、何だか意図を感じるのは。

まずChildish Gambinoの"Redbone"、再生回数は1億6千万回、いやーいい音楽ですよ?!でも再生回数はエドシーランの10分の1以下ですよね。先進性があるんじゃーー!ってことですか?はい、分かりました。

www.youtube.com

 

そして最優秀レコード賞の最後を飾るのはJAY-Zの"The Story of O.J."、再生回数は5千万回、まあ私はHIP HOPの分からないズブの素人ですが、でもこれってさー(以下自粛)。

www.youtube.com

 

そうは言っても、最優秀レコード賞は素晴らしいものばかりなので良しとしましょう。HIP HOPとPOPSでは聴くべき母集団も評価基準も違ってくるから、これはこれでいいかもしれない。

 

じゃあ最優秀楽曲賞を見てみるとですねー、Julia Michaels の"Issues"が入ってるんですよ。エドシーランと同じPOPSですよねー、再生回数1.1億回。もちろんビッグヒットですよ?でもエドシーランの20分の1以下ですよね。

www.youtube.com

 

極め付けは最優秀アルバム賞、Lodeの"Melodorama"、もっとも視聴されている"Green Light"は再生回数1億回以下、"Perfect Places"は再生回数2000万回以下。

www.youtube.com

 

もちろん、みんな素晴らしい楽曲であることは間違い無いですよ?ただその中にエドシーランが一つもないというのはおかしくないですか?何かバイアスが働いていないですか?ということを言っているんです。

 

エドシーランて、既にメジャー扱いされているかもしれませんがことグラミー賞に限って言えば不運な存在だったんですよ。

彼はようやく一昨年、"Thinking Out Loud"で最優秀楽曲賞を受賞したんですよ。今年こそはShape Of Youでビルボードチャート1位も獲得し、堂々と勝負できると思ったところでノーエントリー(POP部門ではノミネートされてますけどね)。

 

なんだか政治闘争に巻き込まれてしまった被害者に思えてなりません。

世の中ダイバージェンスを求めるのもいいけど、そういう政治的正しさに右往左往されるのではなく、純粋に音楽の作品として評価してくださいな。

 

Loopを使った"Shape Of You"は、彼のこれまでの経験を凝縮した一つの金字塔だと思いますけどね?

www.youtube.com

 

まあ、なんだかんだ言ってただのエドシーラン好きの恨み節なんですけどね。

 

X Factor UK, Live Show Week 5 Semi-Final 2日目!!

おおおおお、今日はX Factorのセミファイナル2日目ですよ!!

これで決勝進出者が決まりますよ!?

 

なんか、みなさんもう結果知ってるでしょうけど、私ももう結果知ってますけどブログ書き始めたら興奮して来ました!!誰が決勝に行けるのでしょうか????

 

残るメンバーは5組、3組だけが決勝に進めます!!

それでは行ってみましょう!!

 

まずはこちら、ロイドによるColdplayの名曲"Fix You"です。

おおおおお、美しい!!

こんな美しいFix You初めて聴きました!!昨日は残念でしたが、奇跡的な回復(?)でここまで持って来てくれました。ああ〜、もっと長く聴いていたい。。。心にグーーと響いてくる素晴らしいパフォーマンスでした。もう他の人聴かなくていいから決勝進んでくれ!!ってくらい良かったです。ああーーーー、ちょっとロイドに惚れたかも。。。

www.youtube.com

 

そして、2番手はRak-Su、最初のルームオーディションで披露したオリジナルソングの"I'm Feeling You"ですね。全てはここから始まった彼らのX Factor人生、すごい、バージョンアップしてフルコーラスに近い形で聴かせて来てくれました。やっぱり彼らはルームオーディションの段階で既にフルスロットルで勝負しに行ってたんですね!?この大一番でこの曲を持って来たことからも、この曲に対する思い入れがヒシヒシと伝わって来ます。うん、これは売れるよ!!(でもブラインドで声だけ聴くとロイドの方が凄いよ!?)

www.youtube.com

 

3番手はCutkelvin、はーーーーーーー、なんだかなーーー。どうしてオリジナル曲で勝負しなかったかなーー。あるいはハバナでも良かったのに。。。シェリーンの高音の不安定さを避けた選曲なんてしてないだろうね???この大一番で無難に行ったらもう負けだよ?

www.youtube.com

 

4番手はケビン!!ジミヘンで来たかーー。うん、声と曲は合ってるけどね。歌も上手いし、いいんだけどーー、まあここで敢えてリスクをとったというなら素晴らしい勝負勘ですよ!?だけど、私達があなたにコネクトできるのはこの曲ではないはず。これなら私はロイドを選びますよ?!

www.youtube.com

 

そして最後はグレース、こちらもオリジナルですが今回が初披露です!!やばい、ここに来て初めてPOP路線のグレースを見た!!これはいい!!ゲズトパフォーマンスに見えてくる素晴らしいオリジナリティとポップセンスでした。だけど、世界はもっと厳しいからもうちょっとだけアレンジが必要かもね?

www.youtube.com

 

いやーー、今回はそれぞれのメンバーの意気込みがヒシヒシと感じられてもうどれも甲乙つけがたかったです。でも、二度、三度と聴くと私はロイド推しです!!!

 

そして結果発表の前にゲストパフォーマンスはエドの"Perfect"です!!

エドシーランの凄さは、とてもシンプルなコード進行なのに、最高のバラードを作ってしまうことです!!そして歌詞から自然の物語を想像させてしまうストーリーテラー。世界最強のシンガーソングライター!!

www.youtube.com

 

そして運命の結果発表、来週のファイナルに進めるのはこの3組!!

www.youtube.com

 

  • Rak-Su
  • Grace
  • Kevin

!!!!!!

Congratulations!!!!

 

ああ、ロイド落ちちゃったけど今日は最高だったよ!!

(子供達から、私のあだ名はロイドと名付けられていたので他人事になれずとても残念です!!)

 

とにかく、ファイナルに残ったみなさま、もう才能と努力と運の全てを出し切って頑張ってください!!

 

それではまた来週!!!

 

X Factor UK, Audition Week 5 Semi Final 1日目!!

こんにちはー、本日はX Factorセミファイナルの初日です!!

 

初日で1組、2日目で2組脱落するようです。ザクザク落としていきますね。

去年を振り返ってみると、去年は9週目がセミファイナルでしたので、今年はかなり早いペースでここまで来てるんですね。Live Showに入って視聴率が落ちやすくなるところをカットする作戦でしょうか?

 

今週のテーマはCool Britanniaです。それでは行ってみましょう!!

最初はCutKelvinsから、先週に引き続きオリジナルソングで勝負!!(ちょっとどの辺がCool Britanniaなのか分かりかねますが???)

おお、お兄ちゃんたちこんなに上手かったっけ?って最初の方に思ったのもつかの間、ハモリパートに入るといつものCutKelvin、特にSheeranの高音がいつも通りスカッとしないザラザラした歌声になってしまいなんとも残念。なんかビジュアル的にはすごくいいし若者にも受けそうなのに勿体無いなー。

www.youtube.com

 

2番手はマット、The Rolling Stonesの"Gimme Shelter"を歌います。

なかなかいい感じで歌っていて彼は古い曲が似合うなーと思ったけど、よく考えると彼はまだ29歳だったんですね。もうOversに入れられて、3人の子持ちですが、ローリングストーンズのこの曲は彼からすれば2回くらい生まれ変われるくらいの曲ですね。(この曲は1969年リリースなので今から48年前になります。)

マットがどうというよりは、この曲の先進性というか、時代を超えても通用することに驚きです。ローリングストーンズは偉大です!!

www.youtube.com

 

3番手はGrace、David Bowieの"Life On Mars"、この曲は1971年にリリースされました。とても難しい曲で、1回目しか聴かないとこの曲の良さは分からなかったけど、何度か聴いていくとすばらしさがジワジワと伝わってきました。

グレースは随分とこの曲を表現できてますね。やっぱり弾き語りで自分のペースで歌っているので、非常にいいです。もっと聴きたいと思わせる素晴らしいものがありました。

www.youtube.com

 

4番手はRak-Su、曲はSweet Female Attitudeの"Flowers"という2000年の曲です。UKではそこそこヒットしたようですね。

今回はリードボーカルの黒人の方(Jamaal?)がずっと曲全体を引っ張って行ったので、曲として一貫した感じになりビシッと締まっていました。前から彼がもっとリードして主役じゃないけどもっと前面に出た方がいいのになーと思ってたら今回そうなったのでバッチリです!この曲で久しぶりにRak-Suいいなーと思いました!!

www.youtube.com

 

5番手はロイド、サー・エルトン・ジョンの名曲"Don't Let The Sun Go Down On Me"、リリースは1974年だそうです。

ロイドはいつもよりキレがないというか結構疲れて見えますが、どうも調子が悪かったみたいですね。うーん、パーフェクトの状態で彼の歌を聴きたかった。繊細なところなんかも無くなっちゃってちょっと辛そうでした。

www.youtube.com

 

最後はケビン、イギリスといえばもうビートルズですね!"Come Together"を歌いました。

なんかいつものケビンじゃないような気合の入りようでしたが、ちょっと無理している感じがして逆に引いちゃうんですよね。まあチャレンジとしてはいいんだけど、彼の本来の姿ではないので共感できなかったなー。

www.youtube.com

 

さて、ここからゲストパフォーマンス。来ました、ようやく凱旋帰国できたジェームス・アーサーです!!やっぱり上手い!!

彼、不器用そうなので随分と苦労しましたが、よく周りも我慢して育て上げてくれました。なんか見栄えばかりが良かったり、ちょっと器用な人たちがサクッと評価されたりヒットする中で、彼みたいな本物の歌手が成功するというのはとても嬉しいです。

www.youtube.com

 

さて、本日脱落した人は??

 

最後にThe Cutkelvinとマットが残りましたが、落ちて締まったのは?

www.youtube.com

 

おー、マットかーー。

 

よくここまで頑張りました!!

最初はなんで彼がと思いましたが、徐々に良くなっていって素晴らしかったです。彼もここまでくれば満足ではないですかね?

 

ということで明日はセミファイナル2日目です。

グレースとRak-Suは合格圏だと思いますが、あと1組は誰か??

 

乞うご期待!!