読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

1週間の株式相場振り返り(7月21日〜7月26日):本日はメモ書き程度

 

今週1週間は休暇をもらっていたのでほとんどウォッチおらず、今回はメモ書き程度の振り返りになります。

 

まずは全般的な指数の傾向、ドル高基調が弱まり、円高、ユーロ高、金価格の上昇が見て取れます。来週のFOMCに向けた思惑的な動きで為替が動いているようです。

その中でも、先週対ドルに対して弱含んだ日本円は、今週参院選を消化した反動で強い円高となっています。金曜日はその影響で日経平均が3%近い下落となりました。

 

 

  6月28日 7月5日 7月12日 7月19日 7月26日 1週間変化率
DJIA 14,909.60 15,135.84 15,464.30 15,543.74 15,558.83 0.10%
日経 13,677.32 14,309.97 14,506.25 14,589.91 14,129.98 -3.15%
WTI 95.01 103.63 106.25 108.47 107.00 -1.36%
1,232.30 1,222.40 1,280.00 1,292.60 1,333.70 3.18%
$/¥ 99.00 101.22 99.32 100.50 98.58 -1.91%
€/¥ 128.91 129.86 129.78 132.08 130.89 -0.90%
€/$ 1.30 1.28 1.31 1.31 1.33 1.03%
米金利 2.48 2.72 2.60 2.49 2.56 0.07%
VIX 16.86 14.89 13.84 12.54 12.72 0.18%

 

お次は各国の対ドル変化率(1週間)です。トップは日本円で先週のマイナス分が帳消しとなるような大きな反発をしています。一方で、今回は先進国、新興国がバラバラの序列で反発しており、全般的なドル高調整といった感じでしょうか。

 

 

1$=XX(Currency) 7月12日 7月19日 7月26日 7/12→7/19 7/19→7/26 累積
日本円 (JPY) 99.285 100.500 98.265 -1.2% 2.3% 1.0%
New Zealand (NZD) 1.2846 1.2605 1.2370 1.9% 1.9% 3.8%
Swiss Franc (CHF) 0.9467 0.9409 0.9286 0.6% 1.3% 1.9%
南ア Rand (ZAR) 9.9941 9.8650 9.7641 1.3% 1.0% 2.4%
Euro (EUR) 0.7653 0.7609 0.7532 0.6% 1.0% 1.6%
Australia (AUD) 1.1056 1.0890 1.0795 1.5% 0.9% 2.4%
韓国 Won (KRW) 1123.5 1120.6 1112.3 0.3% 0.7% 1.0%
British Pound (GBP) 0.6622 0.6549 0.6501 1.1% 0.7% 1.9%
Indian Rupee (INR) 59.892 59.389 59.051 0.8% 0.6% 1.4%
Singapore (SGD) 1.2619 1.2657 1.2642 -0.3% 0.1% -0.2%
中国 Yuan (CNY) 6.1406 6.1419 6.1371 0.0% 0.1% 0.1%
香港 (HKD) 7.7587 7.7569 7.7578 0.0% 0.0% 0.0%
Turkish Lira (TRY) 1.9551 1.9196 1.9235 1.8% -0.2% 1.6%
Thai Baht (THB) 31.150 31.027 31.126 0.4% -0.3% 0.1%

Brazilian Real (BRL)

2.2678 2.2353 2.2532 1.5% -0.8% 0.6%
ロシア Rouble (RUB) 32.649 32.327 32.808 1.0% -1.5% -0.5%

(出所) Yahoo! Finance Currency Centerより作成

 

最後は発表された統計値。相変わらず中国製造業PMIの下落が続いています。一方で、ユーロ圏総合PMIが久しぶりに50を超えたのはサプライズです。消費者信頼感指数はまだまだですが、米国が牽引しその効果が世界中に波及する正のフィードバック効果を感じます。

かつての日本の不良債権処理の時のように、唯一取り残されている中国の影響をあまり受けず、世界は順調に進んでいくことができるのでしょうか?

 

◆主要な統計値発表

  • 7月 米ミシガン大消費者信頼感指数(確報値) 85.1 (速報値 83.9)
  • 6月 米耐久財受注(前月比) +4.2% (5月 5.2%)
  • 今週の米新規失業保険申請 343,000件 (先週 336,000件)
  • 7月 中国製造業PMI(HSBC) 47.7 (6月 48.2)
  • 7月 ユーロ圏総合PMI(速報値) 50.4 (6月 48.7)
  • 7月 ユーロ圏消費者信頼感指数 -17.4 (6月 -18.8)

(出所) ロイターニュースより作成