読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やGleeの話題、週末の日記、趣味の料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

Gleeシーズン5、エピソード3、Cory Monteithのトリビュート「クオーターバック」のパフォーマンス

GLEE

グリーの全エピソードの中で、最も悲しくエモーショナルで心動かされるパフォーマンスたちです。

今回のエピソードは、製作側にとっても出演者にとっても、非常に難しかったのではないでしょうか?

 

メインパーソンのCory Monteith、そしてフィンの死というテーマは、今後gleeを続けていく上で絶対に避けて通ることはできないでしょう。そうであるならば、gleeとしてどのようにけじめを付け、それを乗り越え、次に進んでいくか、製作者、演者、そしてgleeのファンにとってとても大事なことだったと思います。そして今回のエピソードでその答えを出したと思います。

 

中でもレイチェルことリー・ミシェルは、今回のパフォーマンスは過酷とも言えるほどのものだったでしょう。それでもこうして前に出てきて、自ら選んだフィンとの特別な曲を歌い上げたことに、只々尊敬します。

 

それぞれの人から、それぞれの形でのフィンへの愛情を伝えているパフォーマンス、何度見ても涙が止まりません。

  1. レイチェルを除く、ほぼフルメンバーでの追悼の歌:Season of Love
  2. メルセデスによるフィン単独で歌っていた名曲:I'll Stand By You
  3. サムとアーティー&新メンバーによる歌:Fire and Rain
  4. サンタナが歌うThe Band Perryの曲:If I Die Young
  5. パックとフィンが永遠の兄弟であることを歌った歌:No Surrender
  6. リー・ミシェルのコーリー・モンテースへの深い愛を綴った歌:Make You Feel My Love

そしてこれらの歌は、フィン、そしてコーリー・モンテースへの追悼歌であると同時に、それぞれの人達の心のなかで彼が生き続けて、その彼に向かって語りかけている歌であるということが改めて分かりました。

 

コーリー・モンテースにとって、人生は波瀾万丈で、最後は不本意な形だったかもしれませんが、自分が居なくなってなお、生きているように周りの人たちから語りかけてもらえるのはささやかな幸せなかもしれません。

 

改めて、コーリー・モンテースに哀悼の意を表します。

これからも続いていくgleeを天国から暖かく見守ってあげて下さい。

 


Full Performance of seasons of Love from The ...

 


Full Performance of I'll Stand By You from The ...

 


Full Performance of Fire and Rain from The ...

 


Full Performance of If I Die Young from The ...

 


Full Performance of No Surrender from The ...

 


Full Performance of Make You Feel My Love from ...