読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor UK, 2016, Live Show Week2!!

皆様、週末はいかがお過ごしでしたか?

我が家は今日、武蔵小杉の「グラン・ツリー」に行ったのですが、チオコがグラン・ツリーを「クランツ・ベリー」と言い間違いして、なんかとっても美味しいパンみたいな名前だなーと思いました。

 

さて、X Factorはライブショー第2週に突入しました。先週、グループの二人組のパフォーマンスがなかったなーと思ったら今週は”4 of Diamonds”が繰り上げでパフォーマンスしていました。何かあったのでしょうか?

 

それではパフォーマンスを紹介していきましょう。印象に残った順です。

まずは"H to the N-O-E-Y-G, Honey G!! Honey G!!"こと、Honey Gです。一発芸で一世を風靡したお笑い芸人のように、貫禄すら漂ってきます。

もはやオリジナルがどんな曲がわかりません、すべて"HONEY G"の曲にしか聞こえてきません。しばらくはこのライブショーで無くてはならない存在でしょう。

www.youtube.com

 

2番手はエミリーちゃん、The Supremesの "Stop In The Name Of Love"をバラード調で歌い上げました。少々地味ですが、まだ安全圏内のうちに純粋なバラードにもチャレンジしておくのも良いかと思います。

あんまりこれ系は合っていない気もしますが、無難にこなした気がします。ルイーザ・ジョンソンとはやっぱり系統が違うことがわかったことは重要な発見です。今後の選曲に生かされることを期待します。

www.youtube.com

 

3番手は、うーん毎度申し訳有りませんがSarraです。もしかして、私はSarraが好きなのかもしれません。みんなが躊躇してチマチマやっているところに、この人は躊躇せずに全力で発散するところが好きです。プロフェッショナルって感じですね。独自のアレンジも入れています。

曲はTina Turnerの"River Deep, Mountain High"です。この曲、Gleeサンタナメルセデスが歌っていましたね。ライブショーなんだから、他の人もこれくらいハジけてくれないと、あくびが出てしまいますよ!

www.youtube.com

 

ということで、結局紹介する動画の人は前回と変わりませんね。要は私が好きなだけなのかもしれません。

 

せっかくなんで、残念な動画+αも紹介しましょう。まずはフレディー、Marvin Gayeの "Ain’t no Mountain High Enough"、これを聞くと去年のチェイ・チェスターマンを思い出してしまいました。

本人の動画はこちら:

Freddy Parker kicks off Motown Week! | Live Shows Week 2 

そしてチェイの動画はこちら:

www.youtube.com

圧倒的に素晴らしい!もう一回聞いてみても感動します。あー、今年はこういう人がいませんねー。残念です。当時チェイはまだ18か19歳ですよ?!

 

そしてもう一人、残念な方がこちら。 Ryanが歌うStevie Wonder の"Superstition"です。全然盛り上がってねーー。

Ryan Lawrie sings Stevie’s Superstition | Live Shows Week 2 

そして模範パフォーマンスとしてオリー・マーズのオーディション動画:

www.youtube.com

まさにスターが誕生した瞬間の動画です。この後の大活躍はみなさんご存知のとおりです。

この曲をライブショーにぶつけてきたRyanはいい度胸してます、っというか何も考えていないんじゃないでしょうか??

 

さて、明日は結果発表です。

私の個人的感想はこのようになりましたが、みなさんはどんなジャッジを下すのでしょうか??

 

それでは。また明日!!