oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

X Factor UK 2018, Six Chair Challenge -1日目-

いやー、待ちに待った今年の6イスチャレンジ!

今年はどんなドラマがあるのか??

 

と思って朝YouTubeの動画見たら、

 

「は??何でしょっぱなからみんなイス座ってるの?」

「あれ、これから他の人のアップされる??」

「あれ、ガールズだと思ったらOVERSが混じってるしどうなってるの?」

 

など、混乱しまくり。

ということで、他の非公式の動画を見に行ったら何なんでしょう、この編集は?

 

仕方がないので、公式の動画の範囲内で紹介していきます。

 

まずはすでに椅子が6つ埋まった後からのスタート。

Bella PenfoldがStormzyの"Blinded by Your Grace"を歌いましたが、これでブザーを押してもらいました。私が見たのはこの動画がしょっぱなだったので、他の人と比べて何が良かったのかさっぱりわかりませんでした。

(そして他の人のパフォーマンスを見てもう一度見直しても「うーん、そうかーー?」というようなパフォーマンス。何が良かったんだろうか?)

www.youtube.com

 

公式Girlsカテゴリーで2番目の動画がこちら。

Shanが"A Song For You"を歌いますが、上手いんだけどどうしても高音が軽く感じられちゃったんですよねー。でも椅子ゲット。他の人そんなに悪かったかなー?

www.youtube.com

 

公式Girlsカテゴリーで3番目はMolly Scott。

もうめっちゃ緊張していて、歌えるのか思ったけど歌い出したら人が変わったようなパフォーマンス。まあこういう状況では勢いが大事ですね。冷静に歌うと上手いのに落とされる人がいる一方で、勢いとお涙で押すとこの雰囲気では有利!!

www.youtube.com

 

最後はScarlett、まあこのパフォーマンスは文句なしでしたね。最初の編集がかなり違和感ある繋げ方で不快でしたが、きっと良いパフォーマンスだったんでしょうと思わせる動画でした。(ていうかちゃんと聴かせろ!!)

www.youtube.com

 

何でこんな急いでるの???

まだ完全に6イスで誰が残ったのかわからず、とりあえずここでGirlsは終了。最終週で放送されたピアノ弾きのクロエが6椅子には出て来ませんでした。サイモンあの時「Got bored!」って言ってたからメンターになってそのまま落とされたかな?

何の前振りもなくいなくなるとじゃあ何で放送したの?と。まあそちらの都合で落とすのは別にいいですけど、いいパフォーマンスだと先週やって視聴者に関心持たせといて告知なく出ないとか何なんだろう??

 

まあいいや。次オーバーズいきます。

 

最初はRicky、こちらもすでに6つのイスは座られた後でいきなりX Factorボタンを押されます。(はあ???)

パフォーマンスそのものも勢いはあるけど喉に思いっきり負荷かける感じで、これは歌手として致命的でしょってな感想。

何だろ、今年のX Factor何かおかしい。これはもうX Factor見なくてもいいよという裏メッセージなのだろうか??

もしかして、”歌とか上手くないけど、一生懸命這い蹲って頑張って40何人の中に入ります!!”ってのが日本で流行ってるらしいので、日本の某秋◯プロデューサーに倣って勢いのあるやつ取っていこう!!と学習したのだろうか?

そういえば秋◯さんはAKBは甲子園と評したしそうで、まあ・・・そういうことですよね。

www.youtube.com

 

2番手はパンダさん。

拍手もマバラでもうこれはあかんかもねという雰囲気。

www.youtube.com

 

最後はママさんのLouise、動画がめっちゃ短いけどやっぱり歌は上手いね。

www.youtube.com

 

何となく声がSara Bareillesに似ているかな。

www.youtube.com

 

まあこちらの方と比較しちゃいけませんね。

そう、3、4年前にサラバレリスのライブに行きましたけど、本当に〜めっちゃ上手かった!!(もうX Factor関係ねー。)

 

ということで今回誰得の6イスチャレンジでしたが明日も続きます。

何とか良くなることを期待して!!

 

それではみなさん、台風お気をつけて!!