oasismathの日記

家族みんなが大好きな洋楽やX Factor, Gleeの話題、週末の日記、ワインや料理の話、ときどきミュージカルの告知など、雑多なテーマについて書き綴るブログ。

GLEEでカバーされたアーティスト特集パート②:『Taylor Swift』

本日7月4日、VEVOからTaylor Swiftの最新PV「Red」がアップロードされたので、今日はGLEEで歌われたTaylor Swiftの曲特集にしたいと思います。(と言っても2曲だけですが。。。)

 

本日アップされた動画


Taylor Swift - Red - YouTube

 

最初にTaylor Swiftの曲が使われたのはシーズン3の「mean」で、パックがギターを引きアメフトコーチのビーストとデュエットで歌っています。ビースト歌ってたんだとビックリしたのを覚えています。


Taylor Swift - Mean - YouTube

 

Taylor Swiftはカントリー出身で、この歌は彼女の3rd Album「Speak Now」に収録されている曲です。最近の曲ではカントリー色が薄れてきているように感じますが、この曲は色濃く残っていますね。

 

次に、シーズン4でカバーされた歌が、同じく3rd Albumに収録されている「Mine」です。この歌はGLEEでバラード調にアレンジされ、サンタナがブリトニーに向けて歌った歌でとても感動的でした。


Taylor Swift - Mine - YouTube

家族でカラオケに行くとき、定番ソングとなる1曲です。上の娘もハイスピードで流れる英語のフリガナ(?)を目で追って、サビの部分を何とか歌ってます。耳から聞いていて何となく覚えている部分もあるみたいですね。

 

ということで以上2曲がGLEEで歌われた歌でもう終りですが、最新アルバム「Red」の曲の幾つかも子供たちに無理やり聞かせていて、その中で「22」という曲が子供たちの琴線に触れました。

Taylor Swift - 22 - YouTube

ちょうどサビの部分で「トウェニー・トゥー♪」とピースを2つ重ねて歌うのは当然やってます、はい。しかし親バカですが、3歳の娘がちょっとテンポを外しながらこれをやると可愛いですね〜。

 

ところでこのTaylor Swiftですが、GLEEに出演中のサム・エヴァンスことコード・オーヴァーストリートとデートをしていたとの芸能ネタがありました。

人気歌手テイラー・スウィフトが、テレビドラマ「Glee」のコード・オーヴァーストリートとデート! - シネマトゥデイ

だから何だということではありますが。